シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

高岡早紀は「本物の女優」!本屋大賞作家・百田尚樹も絶賛!

高岡早紀は「本物の女優」!本屋大賞作家・百田尚樹も絶賛!
高岡早紀

 27日、女優の高岡早紀が丸の内TOEIで行われた主演映画『モンスター』初日舞台あいさつに登壇し、原作者の百田尚樹から「本物の女優」と絶賛される一幕があった。この日はほかに、稲葉友、遠藤要、大九明子監督が登壇した。

 「海賊とよばれた男」で本屋大賞を受賞した百田尚樹の同名小説を原作とする本作。醜い容姿のため、幼い頃から周囲の人間に「モンスター」とさげすまれ続け、故郷を追われた和子が、整形手術でパーフェクトな美貌を手に入れ、未帆に変身。かつて自分を虐げた街に舞い戻ってくる……という物語だ。特殊メイクにより、醜い容姿の和子に変身した高岡の体当たり演技も話題を集めている。

 この日、原作者の百田は登壇こそしなかったが、メッセージが司会者により読み上げられた。そこには、高岡に対して「あなたのすさまじい演技をスクリーンで拝見し、圧倒されました。超絶的なブスの田淵和子、そして絶世の美女である鈴原未帆。この両極端な二人の女性を一人の女優が演じていることがこの目で見ていても信じられないほどでした。高岡早紀さんこそ、本物の女優です」と最大級の賛辞が。

 それに対し、高岡は「うれしいですね」と笑顔。さらに「本物の女優って何かと言われると、その定義は難しいですが。歳を重ねるにつれて……自分でその言葉を言うのは恥ずかしいですが、本物の女優に少しでも近付いていけたらなと思います」と決意を語った。

 メガホンを取った大九監督が「みんな慣れてくると、『和子、かわいい』と言っていたよねえ」と振り返った通り、女性スタッフが多かったという本作の撮影現場で和子は大人気だった様子。高岡は「監督は和ちゃんが大好きだもんね。それは、わが子のような愛情の部分で言っていることだから。それをかわいいと言われても、かわいいの次元が違うから」と膨れてみせたが、大九監督の「(高岡さんは)ずっと美人の人生を送っているから」というツッコみに、思わず「いやいや……」と腰砕け。そんな二人のやりとりに会場は笑いに包まれた。(取材・文:壬生智裕)

映画『モンスター』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 4月
  4. 27日
  5. 高岡早紀は「本物の女優」!本屋大賞作家・百田尚樹も絶賛!