シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

あまちゃん能年玲奈、クドカンを「セクハラで訴えたい」!

あまちゃん能年玲奈、クドカンを「セクハラで訴えたい」!
宮藤官九郎監督 - (C) 2013「中学生円山」製作委員会

 宮藤官九郎が脚本を務めるNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の能年玲奈が、宮藤監督の最新映画『中学生円山』に「じぇじぇじぇ! こんな作品見せるなんて! 尊敬する宮藤さんをセクハラで訴えたいとおもいます!(笑)」と「あまちゃん」で使われている驚きを表す方言「じぇ」を駆使してコメントを寄せている。

 能年が観て「宮藤さんをセクハラで訴えたい」と思ったという本作は、エッチなことばかり考えている男子中学生・円山克也の妄想と青春を、クドカンワールド全開で描いたアクション映画。克也役の平岡拓真も台本を初めて読んだとき「え!」と絶句してしばらく固まってしまったという本作の世界観は、平岡以外のキャストも圧倒したよう。

 克也の父親役の仲村トオルは「最初は、もしかすると、この役を引き受けたことを後悔してしまうかもと思いましたが……、新境地を開拓してしまったかも知れません」と告白。元韓流スターの電気工などにふんしたヤン・イクチュンは「独特な想像力が基になったシナリオから、撮影現場は激動的なエネルギーに満ちていました」と撮影を振り返っている。

 一方で、克也を導く謎のシングルファーザー役の草なぎ剛は「台本を読んだときから、好きな世界観」だったと明かし、「監督の頭の中をよく映画にできたなと思います。とにかく観たことない、とんでもない作品、カッコいいです!!」と作品の出来に自信を見せている。一体どんな映画に仕上がっているのか、劇場で確認してほしい。(編集部・市川遥)

映画『中学生円山』は5月18日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 5月
  4. 9日
  5. あまちゃん能年玲奈、クドカンを「セクハラで訴えたい」!