シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

巨匠ウディ・アレンに単独インタビュー、映画に対する価値観や個人的な意見とは?(1/2)

巨匠ウディ・アレンに単独インタビュー、映画に対する価値観や個人的な意見とは?
ウディ・アレン

 映画『アニー・ホール』『マンハッタン』など数々の名作を手掛けてきた巨匠ウディ・アレンが新作『ローマでアモーレ』で、新作と映画に対する価値観や個人的な意見を単独インタビューで語った。今回は、映画に対する価値観や個人的な意見だけを紹介。

 近年、ヨーロッパ中心の映画製作だが、アジア諸国での撮影の可能性はあるのか。「僕の妻スン=イーは韓国人で、彼女は僕と共に韓国、日本、中国などのアジア諸国を訪問したがっているが、あまりに距離が離れているから、僕はいつもまだいいよと断っていた。だが、今年の春にアジアの諸国を訪れて、(撮影の)可能性のある国を探索しようと思っている。多くの人々がその可能性について僕に話してくれて、それが楽しみだ。日本にも訪れて、ジャズの演奏をしたいと思っているよ。伝統的なジャズが日本では有名だからね」。

 セットでは俳優と話さないウディ・アレンは、アシスタントに指示をして俳優に伝える演出が有名だが、その演出はウディ・アレンのスタイルを確立するものなのか。「そうだね、多少は俳優と話すこともあるけれど、ほとんどは俳優とは話さないね。僕は演技力のある俳優を雇って、彼らに(演技を)任せている。もし彼らが(演技上で)ミスをした場合には、(その演技に対して)より大げさにとか、より細やかにとか指示することがあるが、大概良い俳優をキャスティングすれば、その必要もないんだよ。ただ、僕が脚本を書いたことで、ある意味彼ら俳優は無意識に僕のように演じているだけで、主役を演じている俳優が僕の真似をしているわけではない。あくまで、僕の書いた言葉とリズムが僕の話し方になっているだけなんだ」。

 アレン監督の初期の作品では、よく“死”に対して語る台詞があったが、近年それほど触れていないように思える。「実は前と変わらず触れているんだ。映画『恋のロンドン狂騒曲』でも、それをはっきり語っていた。誰もが人間として、自分自身を守るために、死を拒否することは自然な行為だと思う。ただ、人々は死に関してジョークを言うことがないが、僕はよく死についてジョークで語ることが多いね」。

 近年のリアリティー番組がはやる傾向について「ほとんどは(有名になることに)値しない人ばかりで、全く普通なのに、突如とてつもなく有名になっている。パリス・ヒルトンのように、有名であることが有名で、特に何をするわけでもないように見えるが、おそらく彼女の周りに居ると楽しいのかもしれないね」。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 5月
  4. 12日
  5. 巨匠ウディ・アレンに単独インタビュー、映画に対する価値観や個人的な意見とは?