シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

EXILE・USA、今年は日本中の祭りを巡りたい!ダンスプロジェクト・ドキュメンタリーが公開

EXILE・USA、今年は日本中の祭りを巡りたい!ダンスプロジェクト・ドキュメンタリーが公開
EXILE・USA

 8日、EXILEのUSAが、自ら主宰するダンスプロジェクトの様子を収めた初の劇場公開作品『DANCE EARTH -BEAT TRIP-』の初日舞台あいさつに登壇し、作品が製作された経緯や自身がダンスを始めたきっかけ、今後の抱負などを語った。

 「DANCE EARTH」とは、USAが2006年よりライフワークとして活動し続けているダンスで世界をつなげる旅。本作品では、USA自身が言葉や文化の異なる世界7か国(スペイン・イビザ島、タンザニア、ケニア、バリ、インド、ジャマイカ、アメリカ・ニューヨーク、シカゴ)を訪問し、ダンスを共通言語として地域の人々と心を通わせ交流する旅の様子を記録している。

 本作で出演と総合プロデュースを務めたUSAは「この旅も、今年で8年目。あっという間ですね。最初は世界中で踊りたい、世界にあるビートを全部乗りこなしたいという夢があって旅に飛び出した。それを映画にしたいと最初から思っていたわけではなかったけど、世界でいろんな景色や音楽、すごい踊りに出会ったとき、『これはみんなに見せたい』と強烈に思ったんですね」と本作が映像化された経緯を明かした。

 また、ダンサー歴20年ぐらいだというUSAは、ダンスを始めたきっかけを聞かれ「中学生ぐらいからだけど、きっかけは本当にシンプル。当時MCハマーが流行っていたし、ダンスブームがあったんです。(EXILEのリーダー・HIROが所属していたグループの)ZOOに憧れて始めたような感じですね。それから20年経って、自分が世界中で踊るようになるとは思ってなかったなあ……」としみじみ語った。

 そのほかUSAは今後について「ほかに訪ねてみたい国はまだ100ぐらいある。でも世界に飛び出して思ったのが、日本は世界一なのではと思うぐらい踊りや祭りが多い国だということ。それはなぜかというと、日本では全てのものに神様が宿っているんだという教えがあるので、神様の数ほど踊りがあるんだと思う。だから、今年は(日本の)祭りを巡りたい。日本ほど、踊りが好きな国はないんじゃないかな」と抱負を語ってファンの期待をあおっていた。(古河優)

映画『DANCE EARTH ~BEAT TRIP~』はTOHOシネマズ六本木ヒルズにて公開中(1週間限定上映)、ほか全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 6月
  4. 8日
  5. EXILE・USA、今年は日本中の祭りを巡りたい!ダンスプロジェクト・ドキュメンタリーが公開