シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

玉木宏ら豪華キャスト出演!東京駅が舞台の群像ラブストーリー制作決定!

玉木宏ら豪華キャスト出演!東京駅が舞台の群像ラブストーリー制作決定!
10人全員が主役! 豪華キャストの群像ラブストーリーが制作決定!

 来年12月に開業100周年を迎える東京駅が舞台の新作映画『すべては君に逢えたから』の制作が決定した。玉木宏や高梨臨、東出昌大、木村文乃、本田翼、市川実和子、時任三郎、大塚寧々、小林稔侍、倍賞千恵子ら豪華キャストが出演し、クリスマスを間近に控えた男女の恋愛模様が描かれる。

 本作は、10人の男女が織り成す6つのエピソードで構成された群像ラブストーリー。その内の一編「イヴの恋人」に出演する玉木は、同作について「僕自身が経験したことのない新しいタイプの作品」とコメント。「監督とも意見を交えながら、素晴らしい作品ができていると感じています」と自信をのぞかせる。

 玉木が演じるのは、人間不信に陥ったウェブデザイン会社の社長。劇中では、高梨演じる女優志望の劇団員との、偶然の出会いから始まる恋模様が描かれる。そのほか、木村と東出が遠距離恋愛に悩むカップル、時任と大塚が余命半年を告げられた新幹線の運転士とその妻、本田がケーキ屋のアルバイト学生、倍賞が49年前の約束を胸に秘めたケーキ屋のオーナーを演じ、あらゆる世代のカップルに向けた、等身大のラブストーリーがつづられる。

 撮影にあたっては「開業以来、1日たりとも工事がない日はない」といわれ、夜間であっても困難という東京駅でのロケを敢行。終電後に新幹線を臨時ダイヤで動かすという、初の試みも実現させた。昨年10月の丸の内駅舎保存・復元工事に伴うグランドオープン後においては、映画やドラマを含めて初の撮影となり、今後も駅内のあらゆる場所での撮影が予定されている。

 1914年の竣工(しゅんこう)から来年で開業100年となる東京駅。今後さまざまな記念イベントの開催が予想される中、同作がその口火を切ることになる。プロデューサーを務める白組の小池賢太郎は、「日本流の映画『ラブ・アクチュアリー』を作りたい」と意気込んでおり、クリスマスを代表する作品の一本となるか、期待がかかる。(編集部・入倉功一)

映画『すべては君に逢えたから』は11月22日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 6月
  4. 22日
  5. 玉木宏ら豪華キャスト出演!東京駅が舞台の群像ラブストーリー制作決定!