シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

カルト映画『ジェイコブス・ラダー』のリメイクが始動!

カルト映画『ジェイコブス・ラダー』のリメイクが始動!
僕を超えられるかな? - 映画『ジェイコブス・ラダー』製作当時のティム・ロビンス - Time & Life Pictures / Getty Images

 1990年にエイドリアン・ライン監督、主演ティム・ロビンスで製作されたカルトファンの多い作品『ジェイコブス・ラダー』がリメイクされることが明らかになった。The Hollywood Reporterや複数のメディアが伝えた。

 これは、映画『THE GREY 凍える太陽』のプロデューサー、ミッキー・リデルの製作会社LDエンターテインメントが資金を出して製作する予定の作品で、脚本は映画『ミッドナイト・ミート・トレイン』(日本未公開)を執筆したジェフ・ブーラーが、これまで映画『ヒッチャー』のジェイク・ウェイド・ウォールが手掛けてきた脚本を改稿するようだ。

 オリジナルの作品のストーリーは、1971年、ベトナム戦争中のベトナムで、突如敵兵の攻撃を受け、腹部を刺されたジェイコブ・シンガーは、次の瞬間ニューヨークの地下鉄内で目を覚ます。普段は郵便局員として恋人と共に普通の生活を送っているが、徐々に彼の周りで奇妙な出来事が起こり始め、夢と現実の区別がつかなくなっていくというサイコスリラー。

 プロデューサーによると、リメイクはあくまでオリジナル作品に敬意を示しす形で、そのままリメイクすることはないと明かしている。今のところ監督を探している段階で、監督が決定すれば本格的に始動しそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 7月
  4. 1日
  5. カルト映画『ジェイコブス・ラダー』のリメイクが始動!