シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

西田敏行、英語のセリフに「余裕なし」 トミー・リー・ジョーンズの演技に感動

西田敏行、英語のセリフに「余裕なし」 トミー・リー・ジョーンズの演技に感動
共演を果たした西田敏行とトミー・リー・ジョーンズ

 18日、映画『終戦のエンペラー』の記者会見が都内で行われ、来日中のトミー・リー・ジョーンズ、マシュー・フォックス、ピーター・ウェーバー監督と日本人キャストの初音映莉子、西田敏行、桃井かおりが出席。西田は「英語のセリフには手を焼きました。現場でも余裕がなかった」と撮影を振り返り、「マッカーサーが天皇と謁見(えっけん)するシーンでのトミーさんの演技に感動した」とマッカーサー元帥を演じたトミー・リー・ジョーンズを絶賛した。

 トミー・リーは「脚本を読んで、自分は全くマッカーサーとは似ても似つかない人物だと思ったけれど、サングラスをかけ、コーンパイプをくわえたら何とか近づけるかなと考えた」と役づくりの工夫を明かし、「マッカーサーが終戦直後の日本の復興に尽力した部分や日本を救おうと努力した姿に感動してこの作品に出たいと思った」と出演の理由を語る。

 主演のマシューはマッカーサー元帥から太平洋戦争の真の責任者探しを命じられた部下にふんしているが、脚本を読み「特に(自身が演じる)フェラーズとアヤ(初音)が文化を越えて引かれ合う姿や、戦争で引き裂かれる二人の姿に感動した」と愛情も本作の重要な要素だと訴える。

 アヤ役の初音とは、ウェーバー監督から「一緒に映画を観に行ったら?」とアドバイスされたこともあって、信頼関係を築くために二人で映画鑑賞や食事の時間を設け、役づくりのプロセスを楽しんだという。「二人で一緒に過ごすことで、徐々に親密度が増していった」と初音は振り返った。

 本作は、岡本嗣郎のノンフィクション「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」を原作にした歴史サスペンス。終戦直後の日本でマッカーサーから太平洋戦争の責任者追究を命じられた男が衝撃の事実にたどり着くさまを日米の豪華共演で描いている。この日は、劇中でマッカーサー元帥と昭和天皇(片岡孝太郎)が会見する重要なシーンとして描かれているアメリカ大使館でもフォトセッションが行われた。(福住佐知子)

映画『終戦のエンペラー』は7月27日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 7月
  4. 18日
  5. 西田敏行、英語のセリフに「余裕なし」 トミー・リー・ジョーンズの演技に感動