シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

竹内結子、12年ぶりに髪バッサリ!日テレ連ドラ初主演でブラック企業に立ち向かう!

竹内結子、12年ぶりに髪バッサリ!日テレ連ドラ初主演でブラック企業に立ち向かう!
12年ぶりに髪をバッサリとカットした竹内結子

 女優の竹内結子が、10月にスタートする日本テレビの新ドラマ「ダンダリン・労働基準監督官」で同局の連続ドラマ初主演を務めることが明らかになった。本作は、「カバチタレ!」などで知られる田島隆(とんたにたかし)原作のコミック「ダンダリン一〇一」を基に、労働者の保護を職務とする労働基準監督官の姿を描いた作品。竹内は12年ぶりに長い髪をバッサリとカットし、ブラック企業に立ち向かう主人公・段田凛を演じる。

 労働基準監督官という一風変わった役どころに竹内は、「まず労働基準監督官という職業があるんだというところからのスタートでした。労働基準法で子役さんが何時以降は仕事をしてはいけない、ということなどが決まっているのは知っていたのですが、それを取り締まる監督署があって、監督官がいるということは知らなかったので、一体何をするんだろうかと」と少し戸惑った様子。とはいえ、「わたしが理解していないことを人に伝えるのは難しいですから、台本でわからない言葉が出てくるたびに、参考にしている本を読みながら、ちょっとずつ理解を深めていっている状況です」と早くも役づくりに専念しているようだ。

 今回の役のために、バッサリと髪を切った竹内だが、「機会があれば切りたいとずっと思っていたんです。自分でもビジュアルがここのところ同じになってしまっているような気がして、なんか変えたいなと思っていたところだったので。いいタイミングといい機会を頂いたなと」とコメント。「一つ一つ頂く作品に対して新しいものがあるといいなと思っているので、常に何かしら変化は欲しいですね」と語る彼女の女優魂がうかがえる。

 また、「サービス残業」「名ばかりの管理職」「パワハラ」といった現代社会が抱える問題に切り込む本作について、竹内は「嫌なことがあれば、何とかしてほしいと声を上げる権利は誰にでもあるということをまず知ってほしい。仕事に身をささげますとか、命を削って働きますというのはカッコいいのかもしれないけど、それでも『あまりにもこれは!』と思ったときには口に出してみる機会は誰にでもあるんですよ、ということを観る人にまず伝えたい」と意気込みを語った。(編集部・中山雄一朗)

ドラマ「ダンダリン・労働基準監督官」は日本テレビ系にて10月スタート 毎週水曜日午後10時放送


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 8月
  4. 12日
  5. 竹内結子、12年ぶりに髪バッサリ!日テレ連ドラ初主演でブラック企業に立ち向かう!