シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ヒュー・ジャックマンが「ヒューヒュー!」 純和風会見にご機嫌!

ヒュー・ジャックマンが「ヒューヒュー!」 純和風会見にご機嫌!
マイクランナーの黒子にも気さくに話しかけるヒュー・ジャックマン

 ヒュー・ジャックマンが29日、目黒雅叙園で行われた映画『ウルヴァリン:SAMURAI』来日記者会見に出席し、純和風に演出された会見にご機嫌な様子を見せた。この日はほかに、真田広之、TAO、福島リラ、ジェームズ・マンゴールド監督も来場した。同作は日本が舞台となっていることから、この日の会見は純和風の畳の間で実施。記者は靴を脱いで座布団に座り、さらに会場内のマイクランナーを黒子二人が担当するという趣向が凝らされた。

 純和風のステージを見たヒューは「素晴らしい部屋を見て『ヒューヒュー!』という気分。これは覚えたての日本語なんだ」とちゃめっ気たっぷりにコメント。これに真田が「監督やヒューたちと、とてもいい時間が過ごせました。ヒューヒュー!」と応じ、会場を笑わせた。

 劇中ではそんな二人の迫力あるファイトシーンがあるが、そのことについてヒューは「広之さんは日本の国宝なので、傷つけなくて良かったよ。『X-メン』の撮影中では二人ほど、けがをさせてしまったからね」とジョークを交じえながらも安心した顔を見せると、対する真田も「僕もオーストラリアの国宝を傷付けなくてよかった。もし傷付けたら世界中の彼のファンに殺されるよ」と返答し、二人の仲の良さを見せ付けた。

 また、東京のオリンピック招致に対してのコメントを求められたヒューは、「続編は『ウルヴァリン:オリンピックスピリット』という映画にしよう」とユーモアたっぷりに回答。続けて、「真面目な話、東京は完璧な街だと思う。きっとスムーズにいくでしょう。ただ一つだけ問題があって、日本に来たら選手が帰りたくなくなってしまうと思う」と語った。

 あまり類を見ない純和風の会見をヒューは相当気に入ったようで、帰り際に「僕はいろいろな会見に参加したけど、みんなが靴を脱いでいる会見は初めて。それとあの黒子ね! 二人はマット・デイモンとベン・アフレックのようだったよ!」と親友として知られるハリウッド俳優の名前を引き合いに出して、黒子のコンビネーションの良さを称える一幕も。終始ご機嫌な様子で、会場を後にしていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ウルヴァリン:SAMURAI』は9月13日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 8月
  4. 29日
  5. ヒュー・ジャックマンが「ヒューヒュー!」 純和風会見にご機嫌!