シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

内田真礼、劇場版『中二病でも恋がしたい!』公開に感涙!

内田真礼、劇場版『中二病でも恋がしたい!』公開に感涙!
舞台あいさつに登壇した上坂すみれ、浅倉杏美、福山潤、内田真礼、赤崎千夏、石原立也監督

 14日、アニメーション映画『小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~』の初日舞台あいさつが都内で行なわれ、声優の内田真礼、福山潤、赤崎千夏、浅倉杏美、上坂すみれ、そして石原立也監督が登壇。ヒロイン・小鳥遊六花を演じた内田が、無事公開を迎えられたことに感極まって涙を流すシーンも見られた。

 六花の視点で進む本作に、内田は「隅々まで六花に向き合うことで、六花との絆が深まり、愛しさが増しました」と笑顔を見せると、「(劇場版を撮り終えて)野球の試合が終わって甲子園で砂を集めているような感覚です」と感想を述べた。すると富樫勇太役の福山が「それって負けたってことじゃない?」と突っ込みを入れ、場内は爆笑。

 そんな和やかな雰囲気の中で、赤崎、浅倉、上坂らが本作への思いを語っていたが、朝から、ほぼすべての上映回で満席になるほど劇場に多くのファンが駆け付けてくれたことに内田が「皆さんに支えられてやってこられました。いろいろな方々に感謝の気持ちを伝えたいと思っていたので、こうやって舞台あいさつで、皆さんの顔を見て思いを伝えることができて良かった」と心情を吐露すると感涙。言葉に詰まりながらも「ファンの方々や、一緒に頑張ってきたキャスト、スタッフの方々と無事初日を迎えることができて感無量です」と最後は笑顔でコメントしていた。

 福山も「こういう作品に携わることができて感無量です」と笑顔を見せると「富樫というキャラクターを通して、もどかしい恋愛経験が体験できて良かった。声優をやりながら、改めて(中二病の世界観が)すてきだなって思いました」と胸のうちを明かした。

 スタッフ、キャストが作品の持つ世界観に心酔して出来上がった本作。石原監督は「これまでいくつかアニメ作品を作らせていただきましたが、原作はあるものの、比較的自由に作らせていただきました。キャストも一から選んで作り上げていったので、とても愛着のある作品です」と胸を張った。

 本作は“中二病”をモチーフにしたテレビアニメ「中二病でも恋がしたい!」の劇場公開版。「涼宮ハルヒ」シリーズの石原立也監督が、思春期の自意識過剰な登場人物たちの心理を絶妙なタッチで描く青春ラブコメディーだ。(磯部正和)

『小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 9月
  4. 14日
  5. 内田真礼、劇場版『中二病でも恋がしたい!』公開に感涙!