シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

オリラジ、故・桜塚やっくんを追悼「優しい人だった」

オリラジ、故・桜塚やっくんを追悼「優しい人だった」
桜塚やっくんをしのんだオリラジ中田

 映画『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』公開記念“シンゴ24時”活動報告会が7日、秋葉原UDXシアターにて行われ、柳沢慎吾とオリエンタルラジオ(藤森慎吾、中田敦彦)が出席した。取材に応じた三人は、先日交通事故で亡くなった桜塚やっくんこと斎藤恭央さんについてコメントを求められると「先輩なのに気さくに話し掛けてくれた。優しい人だった」とオリラジの二人はその人柄をしのび、柳沢も「37歳、若すぎる。ご家族のことを思うとつらい」と心境を吐露した。

 映画は、任務中に殉職し、あの世の組織“R.I.P.D.”にスカウトされた天才刑事が、19世紀の英雄ガンマンとコンビを組み、悪霊たちからこの世もあの世も救おうとする異色のバディーアクション。

 公開を記念して日本の“ゴースト・エージェント”として、柳沢とオリラジ藤森のダブル慎吾が新コンビを組んだ“シンゴ24時”の結成から1か月、二人のコンビの相性は上々。この日、そんな新コンビに嫉妬しすぎてゴースト化したという設定の中田が乱入し“シンゴ24時”に対決を挑むと、あえなく玉砕。三人はそれぞれに熱いギャグを披露して客席を楽しませた。

 柳沢は「怖いゴーストを退治したい」と豪語するも、セクシーなゴーストが現れたら? と質問されると、「お茶飲みに行っちゃう。ドライブに行っちゃう」と相好を崩す始末。映画について、柳沢は「こんないい映画はない。集中して観て」と太鼓判を押し、藤森も「熱くて面白いコンビが見どころ。最後のオチまで笑える映画」とアピールした。(福住佐知子)

映画『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』は10月18日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 10月
  4. 7日
  5. オリラジ、故・桜塚やっくんを追悼「優しい人だった」