シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

浜口京子、結婚への最難関は父・アニマル浜口?西田敏行も同情

浜口京子、結婚への最難関は父・アニマル浜口?西田敏行も同情
浜口京子、結婚への最難関は父・アニマル浜口?

 19日、新宿ピカデリーで映画『キタキツネ物語 -35周年リニューアル版-』の初日舞台あいさつが行われ、アニマル浜口と浜口京子の親子がゲストとして登壇した。劇中で父キツネが子キツネに親離れをさせるシーンに関連して、「実際にお嫁にいったら親離れできそう?」とマイクを向けられた浜口京子は「そこのラインがわからないけど、どうなんですかね。皆さんもお教えていただきたい」と周囲に助け船を求める一幕も。これには共に登壇した西田敏行が「京子さんも恋をしたいだろうしね。でも、アニマル浜口さんのお目にかなう彼氏を見つけるのは至難のわざでしょうね。頑張りましょうね」と同情しつつ、励ましていた。

 ボイスキャストを務めた西田と佐藤隆太のほか、三村順一監督、応援隊長のアニマル浜口&女子レスリングの浜口京子の親子も登壇した舞台あいさつ。西田はアニマル浜口と初対面を果たし、「気合だ」を連呼する“生気合い”の迫力に「すごいね」と圧倒されっぱなし。イベントの最後にはアニマル浜口を筆頭に全員で「キツネだ! キツネだ! キツネだ!」と気合いの大合唱をし、会場は大きな熱気と笑いに包まれた。

 その後の囲み取材でもアニマル浜口は「キツネだー!」と連呼して登場するなど終始高テンションで、西田は「すごいねー。お父さんとずっと付き合ってきたんだもんね、すごいね」と二人三脚で奮闘してきた娘の浜口京子にポツリ。さらに本作で柏の木のボイスキャストを務めていることにかけて、「今度、浜口親子のドキュメンタリーを撮るなら、電信柱役でぜひ」と冗談めかすと、アニマル浜口も「面白い、面白い、面白いぞー!」と気合で応じていた。

 同作は1978年公開当時に230万人もの観客動員を記録した大ヒット映画『キタキツネ物語』を、およそ35年ぶりにリニューアルした感動作。厳しい北の大自然の中で、野生動物として必死に生きるキタキツネ一家の誕生から別れまでを描く。(中村好伸)

映画『キタキツネ物語 -35周年リニューアル版-』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 10月
  4. 19日
  5. 浜口京子、結婚への最難関は父・アニマル浜口?西田敏行も同情