シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

永瀬正敏、佐野史郎ら感無量…唐組の聖地「紅テント」で映画上映

永瀬正敏、佐野史郎ら感無量…唐組の聖地「紅テント」で映画上映
紅テントでの上映に感慨深げな佐野史郎、林海象監督、永瀬正敏

 俳優の永瀬正敏が22日、劇作家・唐十郎の公演でおなじみの唐組紅テントで行われた、映画『彌勒 MIROKU』のフィルムオーケストラ付き上映会に出席した。普段、外部の人間に貸し出すことがなく映画の上映もまれだという、紅テントでの上映会に永瀬は「とても緊張しています。僕みたいなものが唐さんの聖地に立てるなんて。本当に唐組の人に感謝したい。とても光栄です」と感激の表情で語った。

 舞台あいさつは映画上映後に行われ、永瀬の他に土村芳、佐野史郎、近衛はな、四谷シモン、中里宏美、大西礼芳、水本佳奈子、土居志央梨、林海象監督、オーケストラメンバーらが出席。中でも、永瀬と同様に感慨深げな表情を見せていたのが、かつて唐一門だった佐野だ。

 「紅テントで映画の上映をして、そこに自分が出ているなんて夢みたいです」という佐野は、「紅テントから一度は逃げ出したくせに、また戻ってきてしまうという、うれしいような複雑な心境です」とコメント。これに林監督は「唐さんのところでやるので、元唐組(状況劇場)の人に極力出てもらいたいと思った」と話し、佐野は監督に「ありがとうございます」と感謝の気持ちを述べていた。

 本作は、林監督が、京都造形芸術大学映画学科の90人の学生たちと作り上げた、作家・稲垣足穂による自伝的小説の映画化。多彩な実験的映像を取り入れ、音楽が入っていないバージョンを生演奏付きで上映するという、世界でもまれな試みにも挑戦しており、林監督は「わたしの気持ちが伝えられるものができた。これが映画の新しい形になれば」と笑顔で語っていた。

 これまでに京都文化博物館、京都芸術劇場 春秋座、神戸市のKIITOホール、青森の津軽伝承工芸館、横浜赤レンガ倉庫で上映会を行い、この日と23日の2日間は、池袋鬼子母神に設営された唐組紅テントでの上映となった本作。林監督は「ここでやると劇的。ここでやってよかった」とうれしそうに感想を述べていた。(取材・文 名鹿祥史)

映画『彌勒 MIROKU』(映画版)は10月26日よりシネマ・ジャック&ベティにて公開
映画『彌勒 MIROKU』(生演奏版)は10月23日に雑司ヶ谷鬼子母神の東京唐組紅テントにて上演


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 10月
  4. 22日
  5. 永瀬正敏、佐野史郎ら感無量…唐組の聖地「紅テント」で映画上映