シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジェシカ・ラングが女優引退を宣言

ジェシカ・ラングが女優引退を宣言
女優引退を宣言したジェシカ・ラング - Steve Granitz / WireImage / Getty Images

 ジェシカ・ラングが女優を引退し、静かな生活を送る準備ができているとLos Angeles Times紙に語った。

 「わたしの女優人生も終わりに近づいています。舞台をもう一つやって、映画はあと1、2本。『アメリカン・ホラー・ストーリー』をもう1シーズンやって終わりにします。それで十分だと思うの。華々しく終わりたいわ。それとも、おどろおどろしく終わることになるかしら」とコメントしている。

 64歳のジェシカは、テレビドラマ「Glee」のクリエイター、ライアン・マーフィーによるテレビドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー」シリーズで再ブレイク。シーズンごとに演じるキャラクターは異なり、第1シーズンのコンスタンス役ではエミー賞を受賞。第2シーズンとなる「アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟」のシスター・ジュード役では惜しくもエミー賞の受賞は逃したものの、ノミネートされた。

 現在、第3シーズンとなる「アメリカン・ホラー・ストーリー:コヴン(原題) / American Horror Story: Coven」ではパワフルな魔女フィオナを演じており、このシリーズのおかげでキャリアに活力が戻ったと感謝しているそう。

 「このドラマはわたし自身にも活力を与えてくれたし、女優としてのキャリアにもエネルギーを注いでくれました。それを認めるのは恥ではないわ。わたしをまったく新しい世代に見せてくれたドラマよ。若い人たちからクールだと思われることに慣れていないから、ちょっと不思議な感じだけどね」と語っている。

 ジェシカは映画『トッツィー』でアカデミー賞助演女優賞を、映画『ブルースカイ』で主演女優賞を受賞しているほか、ゴールデン・グローブ賞も5度獲得している。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 10月
  4. 24日
  5. ジェシカ・ラングが女優引退を宣言