シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

顎を骨折したザック・エフロン、流動食のみでも気分は上々

顎を骨折したザック・エフロン、流動食のみでも気分は上々
看病してあげるほどの仲の良さ - ザック・エフロン(右)とアダム・シャンクマン監督(左) - Bruce Glikas / FilmMagic / Getty Images

 自宅で転んで顎を骨折してしまったザック・エフロンが、映画『ヘアスプレー』のアダム・シャンクマン監督に食事を作ってもらっているという。

 二人は同映画で仕事をして以来、非常に仲が良いとのこと。「毎日彼の家に行ってスープを作っているよ。ストローで飲むか、注射器にいれて注入するかのどっちかで、かわいそうだ」とシャンクマン監督は語っている。

 「彼は『ヘアスプレー』以来、弟のような存在なんだ。だから、からかうことが多いね。以前からおっちょこちょいだったけど……今回のケガはザックらしいとしかいいようがないよ」と苦笑ぎみだ。ザックはしゃべることはできないものの、非常に元気にしているようで、「痛がってはいるけど、すごく元気にしているよ」とシャンクマン監督はUsMagazine.comにコメントしている。(BANG Media International)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 18日
  5. 顎を骨折したザック・エフロン、流動食のみでも気分は上々