シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「カノ嘘」劇中バンドは崖っぷち!? デビュー記念フリーライブを開催

「カノ嘘」劇中バンドは崖っぷち!? デビュー記念フリーライブを開催
デビュー記念フリーライブを行ったCRUDE PLAY - 左から、水田航生、浅香航大、三浦翔平、窪田正孝

 青木琴美のベストセラーコミックを実写化した映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の劇中イケメンバンドCRUDE PLAYが23日、デビュー記念フリーライブ&ハイタッチ会を行い、大勢のファンとともに盛り上がった。スクリーンから飛び出した同バンドは、映画公開より一足早く11月27日にCDデビューする。

 本作は、佐藤健演じる天才サウンドクリエーター・小笠原秋と、大原櫻子演じる天性の歌声を持つ女子高生・小枝理子の恋の行方を描くラブストーリー。CRUDE PLAYはその秋がかつて在籍し、現在も曲を提供している男性4人組バンドだ。全員が端正なルックス、CDを出せば必ずチャートのトップという超人気バンドとして描かれており、三浦翔平(ボーカル)、窪田正孝(ベース)、水田航生(ギター)、浅香航大(ドラム)がバンドメンバーにふんしている。

 この日、ファンの黄色い声援で迎えられた“リアル”CRUDE PLAYの4人。三浦は「こんなに集まってもらって緊張する~」という第一声の後で「プロのミュージシャンの方には申し訳ないですが、役者ではなかなかできないことをやらせてもらっています」と感慨しきり。一方、浅香は「今日は僕のためにありがとう。最近吹っ切れてしゃべれるようになった」とドラムセットからノリノリのコメントを飛ばした。

 「ミュージシャンとしてステージに立てるなんて夢みたい」という窪田に対して、「お客さんの反応が返ってくるのは、テレビや映画とは違うもの。どんどん気持ちよくなっている」と水田。4人はデビューシングル「サヨナラの準備は、もうできていた」と劇中でも演奏される「卒業」の2曲を大歓声の中で演奏した。

 三浦は「シングルを売って、バンドをもっと継続させたい。売れなきゃ解散? 崖っぷちバンドです。CRUDE PLAYとしてまた戻ってきます」と笑いを誘い、最後は会場のファンとのハイタッチ会で、手ごたえを確かめている様子だった。(取材/岸田智)

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』は12月14日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 23日
  5. 「カノ嘘」劇中バンドは崖っぷち!? デビュー記念フリーライブを開催