シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ポール・ウォーカーさんの死に『ワイスピ』相棒役がコメント 映画も撮影休止か

ポール・ウォーカーさんの死に『ワイスピ』相棒役がコメント 映画も撮影休止か
相棒の死去にコメント…… - ポール・ウォーカーさんとヴィン・ディーゼル - Dave J Hogan / Getty Images

 11月30日(現地時間)に自動車事故で亡くなったポール・ウォーカーさんの死を受け、撮影中だった映画『ワイルド・スピード』の第7弾『ファースト・アンド・フュリアス 7(原題) / Fast & Furious 7』の撮影が一時的に休止されることが予測されている。

 共演者は皆ショックを受け、撮影現場に戻ることができるような精神状態ではないらしい。「誰も映画のことなんか考えられませんよ」と情報筋はコメントしている。

 次の撮影シーンはジョージア州アトランタで行われる予定で、ポールさんが出演する重要なシーンだったという。しかし出演者もスタッフもひどく動揺しており、現場には向かっていないとのこと。撮影の休止を望む声もあがっているようだ。

 シリーズを製作しているユニバーサル・スタジオ側は、映画の今後について今のところコメントを発表していない。しかし未撮影部分はポールさんが出演するはずだったシーンが多く、脚本を大幅に変える必要が出てきそうだ。

 共演者のドウェイン・ジョンソンは、ポールさんの死に対して、「みんなが胸を引き裂かれるような思いをしているこのとき、ウォーカー一家に力強さ、愛、そして信仰を」とツイート。

 『ワイルド・スピード』シリーズでポールさんの相棒役を務めていたヴィン・ディーゼルは、Instagramにメッセージを掲載。「兄弟、君がいなくなって寂しいよ。言葉を失ってしまった。天国に天使が増えたということか。安らかに眠ってくれ」と書いている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 12月
  4. 2日
  5. ポール・ウォーカーさんの死に『ワイスピ』相棒役がコメント 映画も撮影休止か