シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

デヴィッド・ベッカム、ユース入団式で性的いじめを受けた過去

デヴィッド・ベッカム、ユース入団式で性的いじめを受けた過去
忘れることはできません - デヴィッド・ベッカム

 今年サッカー選手としての引退を発表したデヴィッド・ベッカムが、ユースサッカーチームの入団式で性的な行為を強要されていたことを明かした。

 Metro Newsによると、ベッカムは10代の頃、チームメートに元ウェールズ代表のクレイトン・ブラックモアの写真の前で、自慰するように強制されたとのこと。

 ベッカムは「どのユースにも入団式はあるだろうが、最も不快な入団式だった」と語っている。1990年代のマンチェスター・ユナイテッドで活躍したベッカムやライアン・ギグスに焦点を絞ったドキュメンタリー映画『ザ・クラス・オブ・92(原題) / The Class of 92』の中でも、ベッカムはこのことを告白している。

 ベッカムの元チームメートであるロビー・サベージは、この報道を受けて、「彼だけではなかった」とツイート。当時ほかのチームメートたちも、この屈辱的な経験をさせられていたことを示した。(井本早紀)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 12月
  4. 2日
  5. デヴィッド・ベッカム、ユース入団式で性的いじめを受けた過去