シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジャスティン・ビーバー、メディアからのバッシングと世間の目についてコメント

ジャスティン・ビーバー、メディアからのバッシングと世間の目についてコメント
自身を19歳の男の子として見てほしいと語るジャスティン・ビーバー

 「世間の人は僕も人間だということを忘れているように思う」とジャスティン・ビーバーが語っている。

 新作ドキュメンタリー映画『ジャスティン・ビーバーズ・ビリーヴ(原題) / Justin Bieber’s Believe』を観てもらえば本当の姿を知ってもらえるとジャスティンはライアン・シークレストのラジオ番組でコメント。

 「世間は僕をがんばって生きている19歳の男の子として見てくれていない。僕はまだ自分を探している段階で、毎日のようにメディアにバッシングをされている。これは学校でのいじめと変わらないと思う。この映画には本当の僕が映っているんだ。僕だって完璧じゃないからミスも犯す。世間の人は僕も人間だということを忘れている。僕だって成長して、より強くなるには間違いを経験しなければいけないんだよ」と語っている。

 そんなジャスティンが自分を表現する一種の方法として選んでいるのがタトゥーだという。

 「腕はいっぱいになりつつあるね。人生の体験を少しずつ書き加えて自分を表現しているんだ。これまで、2時間の作業を8回から10回くらいやってもらっているかな。やるたびに痛みがひどくて、『一体何を考えていたんだろう。これが最後だ』って毎回思うよ」と言っている。

 デザインはすべて自分の手によるもので、動物のモチーフがお気に入りだそう。特に、自分は虎に似ていると感じているらしく、大きな虎のタトゥーを入れているという。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 12月
  4. 11日
  5. ジャスティン・ビーバー、メディアからのバッシングと世間の目についてコメント