シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

マコーレー・カルキン、薬物依存を抜け出せたのは恋人のおかげ

マコーレー・カルキン、薬物依存を抜け出せたのは恋人のおかげ
一時期は余命半年との報道も出ていたマコーレー・カルキン

 映画『ホーム・アローン』で知られるマコーレー・カルキンは、現恋人ジョーダン・レーン・プライスのおかげで薬物依存から立ち直ることができたそうだ。

 「マコーレーがこんなに幸せで健康的に見えるのは何年かぶりです。ジョーダンは薬物地獄から彼を救い出しました。彼女が薬物使用を理由にマコーレーを捨てたミラ・クニスにそっくりだというのは皮肉なことです」と情報筋は語っている。

 マコーレーが薬物使用者だという事実は確認されたことはないが、以前からヘロインと鎮痛剤を乱用しているとのうわさはある。ジョーダンは、薬物使用については断固とした態度を取り、使っているところを見つけたら許さないと言っているらしい。

 「ジョーダンは酒は飲みますが、ドラッグはやりません。彼女はドラッグが無くてもハッピーになれることをマコーレーに見せてあげています。また、使い始めたら別れることも告げています。マコーレーは薬を断つことができてウキウキしており、ミラのことを忘れられたこともうれしいようです」と情報筋はNational Enquirer誌にコメントしている。

 マコーレーとミラは2002年から8年間にわたって交際を続けていた。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 12月
  4. 19日
  5. マコーレー・カルキン、薬物依存を抜け出せたのは恋人のおかげ