シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

故ポール・ウォーカーさん、事故時は時速160キロ超で走行

故ポール・ウォーカーさん、事故時は時速160キロ超で走行
ポール・ウォーカーさんが乗っていたポルシェ・カレラGT - 写真:AKM Images / アフロ

 昨年11月30日(現地時間)に亡くなった俳優のポール・ウォーカーさんが乗っていたポルシェは、事故時、時速100マイル(160キロ)を超える速度で走行していたことが検視報告書から明らかになった。Sky Newsなどが報じた。

 ポールさんは、友人が運転する2005年ポルシェ・カレラGTの助手席に乗車中に交通事故に遭い死去。当初からスピードの出しすぎが事故原因と見られていたが、同報告書では「時速100マイル以上という危険なスピードで走行していた」と具体的な数字が明かされた。

 事故時の様子については「何らかの理由によってドライバーが車のコントロールを失って歩道に乗り上げ、運転席側が木と街灯に衝突。この衝撃で車は180度スピンし、助手席側が木に衝突して車は炎に包まれた」と記されている。なお、ポールさんと友人の遺体からドラッグやアルコールは検出されていない。

 ポールさんの訃報を受けて映画『ワイルド・スピード』シリーズ第7弾の全米公開日は2014年7月11日から2015年4月10日に変更されている。ポールさんの出演シーンは全体の半分ほどが撮影済みで、それら映像を使ってポールさん演じるブライアン・オコナーというキャラクターを『ワイルド・スピード』シリーズから引退させる予定だという。(編集部・市川遥)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ポール・ウォーカーさんの検視報告書 from Passion Fruit −情熱の果実− (2014年1月9日 11時2分)
    日本では個人を特定した検視報告書などは滅多に公表されるようなことは ありませんが、アメリカでは事故死した著名人の場合などは、事故原因と 死因がかなり詳細に公表されます。 それが適切か不適切かを判断することは私には出来ませんが、逆の見方で 秘密にすることによって憶測記事が書かれて、故人や、その家族の尊厳が 冒されるような場合も多々ありますから、正式な所見が発表されることで 雑音が排除されるということが大きいとも言えると思います。 昨年の11月末に友人の車に同乗中、交通事故に遭遇して亡くなった俳優 ポール ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 8日
  5. 故ポール・ウォーカーさん、事故時は時速160キロ超で走行