シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

武内享、チェッカーズ名曲をカラオケで歌う!演歌界の貴公子に逆オファー

武内享、チェッカーズ名曲をカラオケで歌う!演歌界の貴公子に逆オファー
元チェッカーズの武内享(左)と山内惠介(右)

 元チェッカーズの武内享が11日、映画『山内惠介・THE歌謡ムービー 昭和歌謡危機一髪!』の初日舞台あいさつに、主演の演歌歌手・山内惠介、すずまさ監督と共に登壇した。武内は最近、山内とカラオケでチェッカーズの大ヒット曲「ギザギザハートの子守唄」を歌ったというエピソードを紹介。山内の歌唱力を絶賛した上で、山内に同曲のカバーを懇願した。

 本作では音楽監修のほか、役者としても映画に出演している武内。「セリフはないから大丈夫と言われて出たんだけど、出てみたらセリフがたくさんあってびっくりした。武道館でギター弾いているほうがずっと楽だと思った」とコメント。監督から「演技はひどかった。でも予算がないから何でもよかったの」と暴露され、会場は笑いに包まれた。

 だが、主演の山内は「セリフもきちっと話されていてさすがでした」と武内の演技を称えると、「元チェッカーズの亨さんのギターで自分の歌を歌えるのは幸せ。歌手冥利に尽きました」と感激しきり。これも武内はうれしそうな表情を浮かべ、山内とカラオケで「ギザギザハートの子守唄」を楽しく歌ったというエピソードを披露すると「すごくよかったよ」とその時の山内の歌を絶賛。「チェッカーズも昭和歌謡。ちゃんと世間に継承されていくためにも惠ちゃんのような人に頑張ってほしい」と明かし、「山内に「よかったら『ギザギザハート』を歌ってよ。あの曲は演歌にもなる。歌ってくれるなら俺、ギター弾きに来るから」と逆オファーしていた。

 武内は「ジャンルが違うし、映画がなければ(山内と)出会わなかった。出会いに感謝しつつ、今年はぜひミクスチャーなことにも挑戦していきたい」とコラボに意欲を見せていた。

 本作はデビュー10年にして一定のお客を集められるようになった歌手が、所属事務所経営陣の交代など数々の困難に直面し苦悩する姿を描く歌謡ムービー。山内は本作で映画初出演にして初主演を務める。 (取材・文 名鹿祥史)

映画『山内惠介・THE歌謡ムービー 昭和歌謡危機一髪!』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 11日
  5. 武内享、チェッカーズ名曲をカラオケで歌う!演歌界の貴公子に逆オファー