シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

生田斗真の「童貞です」発言にファン悲鳴!

生田斗真の「童貞です」発言にファン悲鳴!
舞台あいさつに出席した堤真一、山田孝之、三池崇史監督ら

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 俳優の生田斗真が20日、TOKYO DOME CITY HALLで行われた主演映画『土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI』の完成披露ジャパンプレミアに出席した。金髪で童貞の潜入捜査官・菊川玲二を演じた生田は、MCから紹介されるや開口一番「金髪、童貞です」と大胆にあいさつし、女性ファンに黄色い悲鳴を上げさせた。

 同作は、週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の高橋のぼるの人気漫画「土竜の唄」を、三池崇史(監督)と宮藤官九郎(脚本)のタッグで実写化したアクションコメディー。単純だが正義感は強い警察官・菊川(生田)が、潜入捜査官“モグラ”として犯罪組織に潜り込み、悪戦苦闘するさまをコミカルかつスリリングに描く。

 車のボンネットに全裸で縛られるシーンなど、忠実に再現された原作の名場面にも体を張って挑んだ生田は、「真冬の撮影にもかかわらず、全裸で車のボンネットにくくり付けられるとんでもない目に遭いまして、かなり過酷な状況でした」と苦労を吐露。「なかなかこういう作品でないと経験できないので、いい機会だと思って縛り付けられてやりました」と晴れやかな笑みも見せたが、MCから「またやってみたいですか?」と聞かれると、「もういいです」と否定して笑いを誘った。

 この日の舞台あいさつには生田のほかに堤真一、仲里依紗、山田孝之、上地雄輔、吹越満、皆川猿時、大杉漣、岩城滉一、三池監督も登壇し、原作のビジュアルに近づけるための苦労エピソードが続出。阿湖義組若頭補佐の月原旬役で金髪オールバックに挑戦した山田が「週に1回ブリーチをして、最終的にはごそっと(髪が)抜けました」と告白すれば、全身タトゥーのヒットマン・黒河剣太にふんした上地も「毎回、スタッフ6~7人がかりで、準備に8時間かかりました」と過酷な撮影を振り返っていた。(中村好伸)

映画『土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI』は2月15日より全国東宝系にて公開

【関連情報】

読み込み中...

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク