シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

北村一輝、インドネシア映画界の熱気あふれる現場に感嘆

北村一輝、インドネシア映画界の熱気あふれる現場に感嘆
高梨臨と北村一輝、ティモ・ジャイアント監督

 俳優の北村一輝が24日、日本外国特派員協会で行われた主演映画『KILLERS/キラーズ』の上映会イベントに、共演の高梨臨、コンビ監督モー・ブラザースの一人ティモ・ジャイアントと共に出席し、サイコキラーを熱演した心境や、インドネシアでの撮影を振り返った。

 同作は、世界中で話題を呼んだアクション映画『ザ・レイド』のギャレス・エヴァンス監督が製作総指揮を務めた、日本とインドネシア合作のバイオレンスムービー。殺人の一部始終を撮影しインターネットにアップするサイコキラー・野村(北村)と、彼に感化されたインドネシア人男性のフリージャーナリストによる、おぞましくも美しいドラマを描いている。

 この日は外国人記者からの質問に英語で返答してみせるなど、国際派俳優としての一面も見せていた北村。インドネシアでの撮影やサイコキラーにふんした本作への出演を「チャレンジだと思っていました」と振り返ると、「この映画に出ることによっての影響、そして外国の方の演出を受けることが何よりも僕にとって大切で刺激的だったので、この話を受けました」と出演のいきさつを説明する。

 さらに北村は、インドネシアと日本のスタイルについて「まずスタッフが日本に比べると若いことに驚きました。あと日本の3倍の分量(の映像)が撮れました」と撮影のスピードをはじめ、大きな違いを実感したと告白。また「日本では制作の体制が固まっているところがあるけど、向こうは自由な発想の中で、観る人にとって良いものを作るために、どんな方法でもとろうというパワーがありました」と語り、熱気あふれる現場の様子をうかがわせた。

 一方のティモ監督は、「この映画で何を撮りたかったのか?」という根本的な質問に、脚本を書いていた当時に子どもが産まれ、周囲の環境に敏感になっていたことなどを説明。「自分の周辺にバイオレンスがあふれていることにセンシティブで怒りを感じていた。ニュース一つを見ても悲劇や惨事ばかりで、ほとんど楽しいニュースがない。この世の中にはバイオレンスがいっぱいあるとフラストレーションを感じて、その気持ちを探求したいがために脚本がバイオレンス寄りになったんです」と明かしていた。(中村好伸)

映画『KILLERS/キラーズ』は2月1日よりテアトル新宿ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 25日
  5. 北村一輝、インドネシア映画界の熱気あふれる現場に感嘆