シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

深田恭子、“不思議ちゃん”としては「まだまだ」 個性豊かな共演陣との日々を振り返る

深田恭子、“不思議ちゃん”としては「まだまだ」 個性豊かな共演陣との日々を振り返る
深田恭子

 女優の深田恭子が8日、都内で行われた映画『偉大なる、しゅららぼん』の初日舞台あいさつに出席すると、自身が「不思議ちゃん」と呼ばれていた過去に触れて「まだまだ自分なんて普通な方だなって思うくらいでした」と本作の撮影を振り返った。

 この日はW主演を務める濱田岳、岡田将生をはじめ、貫地谷しほり、佐野史郎、大野いと、柏木ひなた、村上弘明、水落豊監督も出席。個性的なメンバーとの共演に深田は「皆さん本当に不思議すぎるキャラクターで、わたしも昔『不思議ちゃん』なんて言われていましたが、この中に入ると、まだまだ自分なんて普通なほうだなって思うくらいでした」と明かした。

 また、劇中で挑戦した乗馬についても「今まで味わったことのない新しい世界で、これからも続けていきたいと思いました」と笑顔でコメントすると、「(ロケ地の)滋賀に長い間滞在して、みなさんとおいしいご飯を食べたり、毎日がすごく楽しかった」としみじみとした様子だった。

 主演の濱田も「自分の中で過去3本の指に入るくらい毎日が楽しかった」と振り返ると、W主演の岡田との仲については「(男女のように)真剣に付き合えば、絶対うまくいく自信があるほど」と良好さをアピール。この濱田と岡田のコンビについては、ベテランの村上も「仲が良くて、毎日一緒に食事に行っていて、(関係を)ちょっと疑うほどだった」と笑っていた。

 本作は、琵琶湖周辺を舞台に、不思議な力を持つ一族の跡取り息子と彼のお供をする分家の息子が世界滅亡につながる大事件に挑むさまを描いた作品。琵琶湖を取り巻くストーリーにちなんで、この日は鏡開きならぬ水開きも行われた。(取材・文 名鹿祥史)

映画『偉大なる、しゅららぼん』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『偉大なる、しゅららぼん』を見た【映画】万城目学の同名小説を岡田将生、濱田岳、深田恭子らで実写化したファンタジーコメディ from カフェビショップ (2014年11月29日 7時10分)
    「偉大なる、しゅららぼん」 貧しい。 貧しさに負けましたわ。 邦画でこういうのってダメなんだなあ。 芝居がかったファンタジーな設定の実写を 邦画でやるのは無理がある。 いや、もっと金かけてやればいいのだろうけど、 なんか、もうね、貧しいの、画面が。 … ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 3月
  4. 8日
  5. 深田恭子、“不思議ちゃん”としては「まだまだ」 個性豊かな共演陣との日々を振り返る