シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

剛力彩芽、制服姿に!何歳まで着られるかチャレンジしたいと意欲!

剛力彩芽、制服姿に!何歳まで着られるかチャレンジしたいと意欲!
10代中心のリスナーに授業を行った剛力彩芽(左)と山崎賢人

 21日、女優・剛力彩芽が、TOKYO FM HALLにて行なわれた、人気ラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」と映画『L・DK』のコラボイベント「SCHOOL OF LOCK! の春夜祭 supported by『L・DK』」に俳優の山崎賢人と共に出席した。10代中心のリスナー300人にLOVE妄想授業を行った剛力は「すき」という気持ちを相手にしっかり伝えることの大切さを説いた。

 劇中の制服姿で登場した剛力は、10代のリスナーが書いた台本、見つめあったり、刺さったトゲを取ってあげようとしたりする甘い妄想同居シチュエーションを山崎と共に演じると、顔を赤らめながら「恥ずかしいですね」を連発しつつも楽しそうな表情を見せた。

 人気コミックの実写化で、しかも映画初主演という剛力だったが「プレッシャーや怖い部分はもちろんありましたが、わたし自身が原作を読んで虜になった作品ですし、実際に動く人間が演じることによって色々な感情が出せるのではないかと思いました」と前向きに撮影に臨んだことを明かした。

 現在21歳の剛力だが「制服姿はコスプレになってしまうので、恥ずかしいですね」と苦笑いを浮かべつつも「スタッフさんには『全然いけるよ』って言ってもらえたので、何歳まで制服を着ることが出来るかチャレンジしたいですね」と意欲満々に語ると「日常で異性のキュンと来る瞬間は?」という質問には「笑顔」と即答。

 一方の山崎は「僕はギャップにキュンときます。髪の毛が長い人が結んでいる髪を下ろしたり、劇中の(剛力演じる)葵のように、強気な女の子が、急に子犬のように弱々しくなったりすると、そのギャップにやられてしまいます」と照れ笑いを浮かべながら胸のうちを明かした。

 本作は累計400万部を突破した渡辺あゆの同名人気コミックを実写映画化。恋に奥手の女子高生と、学校一人気者のツンデレ男が、ひょんなことから秘密の同居生活を始め、お互いの距離を不器用ながらも縮めていく姿を描いた恋愛映画。(磯部正和)

映画『L・DK』は4月12日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 3月
  4. 21日
  5. 剛力彩芽、制服姿に!何歳まで着られるかチャレンジしたいと意欲!