シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

中村監督の『白ゆき姫殺人事件』は傑作 映画ライターも高く評価

中村監督の『白ゆき姫殺人事件』は傑作 映画ライターも高く評価
二人の出会いや最新作について語った森直人(左)と中村義洋監督

 『奇跡のリンゴ』や『アヒルと鴨のコインロッカー』などの監督を務めた中村義洋監督は21日、Apple Store Ginzaで行われた「Meet The Filmmaker」にライターの森直人と登壇し、森との出会いや最新作『白ゆき姫殺人事件』の創作活動について語った。

 中村監督は、「森さんはデビュー作『ローカルニュース』を雑誌で結構な分量を使って批判したと」出会いについて恨み節を炸裂させた。森は「監督を貶したのは近親憎悪。うわついた感じが、自分もライターやり始めましたところなので、そういう感覚がない方がいいかと思っていてところに『ローカルニュース』を見て、捨てたい自分をまざまざと見せられと感じて叩いてしまった」と言い訳。

 しかし中村監督最新作の『白ゆき姫殺人事件』について森は「『白ゆき姫殺人事件』は傑作で当てにいってる。中村監督の技術が全て入っている」と絶賛。それを受け中村監督は「パズルをやっているような感じ。褒められたいとか考える余裕もなかった。いかに綺麗なパズルを組み立てるか、そればかり考えてきた」と照れながら撮影時について解説した。

 同作のキャスティングについては「今回のキャストは皆初めてやるタイプの役だろうなと思った。それが撮影の時に凄く面白かった。今回はオーディションで、殺される役を演じた菜々緒もオーディションをした。基本的に自分が演じてもらいたい俳優がいても、自分からは何もいわない」と面白い点を含めて説明した。

 最後に中村監督は「数年前から元気を与えるとかおいて、とにかく面白いものを作るというスタンスでやっている。『白ゆき姫殺人事件』も面白いのでみたら映画のメインテーマでもあるSNSで感想をつぶやいてほしい」と話した。

 『白ゆき姫殺人事件』は美人社員が惨殺された事件の容疑をかけられた女性が、ワイドショーで取り上げられたことをきっかけに過熱していく報道やインターネットに翻弄されていくサスペンスドラマ。インターネットによる炎上やマスコミの暴走など現代社会の闇が描かれている。(取材・文/波江智)

『白ゆき姫殺人事件』は3月29日から全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 3月
  4. 21日
  5. 中村監督の『白ゆき姫殺人事件』は傑作 映画ライターも高く評価