シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

次元が主人公!「ルパン三世」スピンオフ最新作の映像が公開!

次元が主人公!「ルパン三世」スピンオフ最新作の映像が公開!
衝撃の映像展開! 『次元大介の墓標』の特報映像! - 原作:モンキー・パンチ(C)TMS

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 「ルパン三世」シリーズの人気キャラクターで、ルパンの相棒として活躍する次元大介を主人公としたスピンオフ作品『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』の特報映像が公開された。また描き下ろしのキービジュアルとともに、物語の一部も明らかになった。

 同作は、2012年放送のテレビアニメ「LUPIN the Third ~峰不二子という女」に続く「ルパン三世」スピンオフの第2弾。映画『REDLINE』の小池健が監督とキャラクターデザインを務め、孤高のガンマンである次元が、難解な作戦や強敵との戦いを通じて、ルパンと「相棒」になっていくさまを描き出す。

 本作で次元が対峙(たいじ)する強敵とは、ターゲットの墓を事前に用意する殺し屋・ヤエル奥崎。この男に墓を用意され生き延びた者はいないとまでいわれており、タイトルの通り、奥崎に自身の墓を用意された次元が、まさに命懸けの対決に挑む。

 公開された特報では、小池監督ならではのアダルトで端正なスタイルで作画された次元とルパンが登場。アグレッシブな演出による、ハードボイルドかつダンディズム満載のアクションを予感させる映像が展開する。

 またルパンに向けて「あくまでビジネス上のパートナーだ、仲間じゃない」と言い放つ次元など、若いころの二人の関係にも注目。不二子も前作以上にセクシーな魅力を振りまいており、「峰不二子という女」と同様、原作者モンキー・パンチのテイストを生かした、大人たちに向けた、危険な香りの漂う作品になっていることを期待させる。(編集部・入倉功一)

『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』は6月21日~27日、新宿バルト9にて期間限定特別上映

【関連情報】

読み込み中...

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク