シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

前田敦子、初舞台!“世界の蜷川”と新境地へ

前田敦子、初舞台!“世界の蜷川”と新境地へ
初舞台に戸惑いもあったという前田敦子

 “世界の蜷川”とも称される蜷川幸雄演出の新作舞台「太陽2068」で初舞台を踏む女優の前田敦子が23日、都内で行われた製作会見に蜷川らと出席した。前田は緊張の面持ちながらも「蜷川さんに、また違った世界に連れていってほしい」と希望を述べ、蜷川も「会って、俺たちはものすごく仲良くなるか、大げんかするか、どちらかだと思った」と前田の印象を語った。

 「蜷川さんから話をもらった時は本当にびっくりしました」と前田。「初舞台なので正直悩みましたが、蜷川さんと会った時に、また違った世界に連れていってほしいと思いました。違った自分を見つけられるか、今から本当に楽しみ」とコメント。「舞台はきっとコミュニケーションが必要なもの。わたしはそこから。皆さんと仲良くなることで、わたし自身、自分らしくいられると思います」と心境を明かした。

 蜷川は「事前に周囲から評判を聞くと、『大変だぞ、大丈夫か? 秋元康さんが心配するぞ』と言われたが、実際(前田と)会ってみて、大丈夫だと思った」とニッコリ。「きっと楽しく仕事できますよ」と前田との仕事に期待を寄せた。

 会見には主演の綾野剛のほか、成宮寛貴、中嶋朋子、大石継太、横田栄司、内田健司、山崎一、六平直政、伊藤蘭、脚本の前川知大も出席した。前田と親子を演じる六平は「きらめくような親子の愛を表現できたら」と笑顔を見せ、舞台初主演を飾る綾野は「主役であることで何か気負うことはない。挑戦する幅が広がるとポジティブに捉えたい。気の狂った前川さん、怪獣の蜷川さんと戦えるのは光栄です」と話していた。

 本作は、バイオテロによるウイルスの影響で若い肉体を長く維持し、高い知能に変異した新人類「ノクス」と従来の人類が共存する社会を舞台に、二者の対立や世界が動き始めるさまを描いた物語。蜷川は「毒の集まりとは言いませんが、強烈な個性の持ち主ばかり。体力勝負ですが、いい仕事をしたい」と意気込んでいる。(取材・文:名鹿祥史)

舞台「太陽2068」は7月7日~8月3日までBunkamura シアターコクーンにて上演


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 4月
  4. 23日
  5. 前田敦子、初舞台!“世界の蜷川”と新境地へ