シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

韓国ドラマはなぜ日本で受けたのか? キーワードは「ベタさ」

韓国ドラマはなぜ日本で受けたのか? キーワードは「ベタさ」
最新リメイクドラマ「親愛なる者へ」はいかに!? - (C) JTBC Co., Ltd all rights reserved 原作著作 野沢尚 『親愛なる者へ』制作協力 株式会社野沢オフィス

 社会現象となった韓流ブームの火付け役である韓国ドラマについて、何がそんなにも日本人の心を動かしたのか、改めて検証した。

 2003年にペ・ヨンジュン主演の「冬のソナタ」が日本で初放送されて以来、爆発的に人気が広がった韓国ドラマ。その理由として真っ先に浮かぶのが、近年の日本ドラマには見られなくなっていたベタさだ。

 純愛を貫こうとする主人公とヒロインが、「出生の秘密」「記憶喪失」「深刻な病の発覚」「ライバルの出現」など、次々と降り掛かる試練に涙する「冬ソナ」は、まさに王道中の王道を行くメロドラマ。日本では1970年代に人気を博した山口百恵の「赤いシリーズ」や、いがらしゆみこ・水木杏子作の少女漫画「キャンディ・キャンディ」をほうふつとさせ、そのころに青春を過ごした40~50代女性を魅了したことから、韓流ブームが巻き起こったといわれている。そしてペ・ヨンジュンを筆頭に、イ・ビョンホン、クォン・サンウといった韓流スターの人気へとつながった。

 続いて「私の名前はキム・サムスン」「コーヒープリンス1号店」などに代表される、ベタなラブコメが日本に上陸。平凡なヒロインと御曹司(もしくはスター)が、反発し合いながら恋に落ちるという、少女漫画のような極めてわかりやすいシンデレラストーリーがより幅広い年齢層の女性に受け、「美男(イケメン)ですね」によるチャン・グンソクフィーバーなどが巻き起こった。また、「花より男子~Boys Over Flowers」「親愛なる者へ」など、日本のヒットドラマをリメイクした作品も多く、日本人にとって「なじみがあってわかりやすい」ことが人気の要因だったのではないだろうか。

 最近では、韓流ブームの火付け役となった「冬ソナ」のユン・ソクホ監督が、ブームを加速させたチャン・グンソクを主演に、K-POPの筆頭少女時代のユナをヒロインに迎えて放った恋愛ドラマ「ラブレイン」の劇場版が日本公開となり話題に。ブーム再燃へとつながるのか気になるところだ。(文・斉藤由紀子)

「ラブレイン」劇場版は5日に前後編一挙放送! ドラマ「親愛なる者へ」は14日から毎週水曜夜8時30分より放送 共にWOWOWプライムにて


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 2日
  5. 韓国ドラマはなぜ日本で受けたのか? キーワードは「ベタさ」