シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

有村架純、「1番女子っぽい」という評価に照れ笑い!

有村架純、「1番女子っぽい」という評価に照れ笑い!
女子っぽいとの評価に照れ笑い! - 有村架純

 7日、映画『女子ーズ』初日舞台あいさつが、新宿バルト9にて行われ、桐谷美玲、藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月、佐藤二朗、福田雄一監督が登壇した。作品にちなんで、誰が1番女子っぽいかというトークでは「話す時のしぐさがかわいい」という理由で有村が満場一致で指名された。

 今をときめく人気女優が5人そろうということもあり、この日のチケットは発売と同時に即完売。非常に女子力が高いと思われる5人だったが、高畑が「みんな女子力は低いかも」と発言。互いに同調する「女子ーズ」のメンバーだったが、桐谷が「でも(有村)架純は高いよ。取材とか受けている時のしぐさが女子っぽくてかわいい」と言うと、藤井も山本も大きくうなずいた。

 「そんなことないよー」と恥ずかしそうに否定する有村だったが「相手に伝えようとすると、言葉よりもジェスチャーになっちゃうんです」とかわいらしいしぐさに場内が盛り上がる。さらに桐谷が「みんなマイペースで自由。会話も着地点が見つからないところは女子っぽいですよね」と女子力はともかく(?)いかにも女子っぽいところがあることは認めていた。

 また、佐藤のアドリブに女優陣は苦しめられたようで、桐谷は「二朗さんがあまりにもアドリブを入れるので、笑いがこらえられないんです」と現場で訴えたというエピソードを明かすと、福田監督は「耐えられなかったら下向いて」という指示を出したようで、劇中では桐谷や山本らの下を向いたシーンが多々見られるという。そんな見どころ満載の本作だが、福田監督が「続編やりたいですね。深夜の10分ぐらいでいいから」と意欲を見せると、桐谷も「皆さんの応援があれば、パート2があるかもしれません。応援よろしくお願いします」と力強く作品をアピールしていた。

 本作は、映画『HK/変態仮面』や『コドモ警察』の福田雄一監督が手掛けた女子戦隊ヒーロー映画。女子っぽい個性を持った5人のヒロインが、それぞれの特長を生かしつつ、ゆるーく地球を守ろうとする姿を面白おかしく描く。(磯部正和)

映画『女子ーズ』は新宿バルト9ほか全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 6月
  4. 7日
  5. 有村架純、「1番女子っぽい」という評価に照れ笑い!