シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

人気声優・坂本真綾、鈴木達央のフェロモン演技にノックアウト!?

人気声優・坂本真綾、鈴木達央のフェロモン演技にノックアウト!?
坂本真綾と鈴木達央

 28日、『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』初日舞台あいさつが新宿バルト9にて行われ、声優の坂本真綾(草薙素子役)、鈴木達央(ホセ役)が登壇した。本作では、素子と義体技師のホセとの恋模様が描かれているが、坂本は「1回目の収録の達央さんがフェロモン120パーセントで……」とアフレコのエピソードを振り返った。本舞台あいさつには黄瀬和哉監督、シリーズ構成・脚本の冲方丁、製作総指揮を務めた石川光久も出席した。

 本シリーズ初となるラブストーリーに坂本は「『素子の恋愛があるよ』と聞いていたのですが、楽しみな半面、わたしが想像できない素子が描かれているので、びっくりしました。どうやってやるのか考えたくなくて、一度台本を閉じたのですが、映像を観て、だんだんとイメージできました。あとは当日、達央さんの出方を見てから考えようって思って臨みました」と役づくりを振り返った。

 一方の鈴木も「僕も(攻殻機動隊の)ファンで作品を観ていたので、素子の恋人役のイメージができなかったんです。すごい勢いで捨てられるのかなって(笑)。台本を読んだ時に、ホセが僕の知らない素子の姿を見ているぞって思ったら、しばらく絵を見ないで、台本だけ読んでイメージを膨らませました」と坂本同様、難しい役柄への苦悩を語った。

 迎えた収録当日。鈴木が演じたホセは、坂本いわく「フェロモン120パーセント」というぐらい色っぽかったようで「どうせ二人だけのアフレコだったので役になりきってフェロモンに浸って楽しみました」と坂本が発言すると、場内は大いに盛り上がった。

 素子のラブストーリーが堪能できる本作だが、実は黄瀬監督の「素子の生足を描きたいな」という願望からスタートし、話が膨らんでいったとのこと。思わぬ裏話に会場が沸くと、9月6日に公開が決まった完結編となる「border:4」について黄瀬監督は「これまでで一番、攻殻機動隊らしい世界観になっています」と語り、ファンの期待をあおっていた。(磯部正和)

『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』は2週間限定全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 6月
  4. 28日
  5. 人気声優・坂本真綾、鈴木達央のフェロモン演技にノックアウト!?