シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

佐野史郎「ゴジラにセクシーさを感じた」と意外な告白

佐野史郎「ゴジラにセクシーさを感じた」と意外な告白
巨大ゴジラオブジェとのフォトセッションで幕を閉じたゴジラ女子会

 女優の波瑠とタレントのLiLiCoが21日、東京ミッドタウンにて開催されたイベント「ゴジラ女子会」で、100名の女子を前にトークショーを行った。7月25日公開の映画『GODZILLA ゴジラ』が女性でも楽しめることをPRするもので、過去にゴジラ映画に出演した経験もあり、本作でも日本語吹き替え版に参加した俳優の佐野史郎が、”ゴジラ博士“としてゴジラの魅力をレクチャーした。

 冒頭、100人の女性に本作を観に行くかアンケートをとったところ、ほとんどの女性が「観に行かない」と答え、「ありえない…」と茫然とする佐野は、ワールドプレミアで観客がスタンディングオベーションで本作を称賛した様子を身振り手振りで伝え、「コアなゴジラファンにとってもぐいぐいと引きつけられるような、歓声をあげたくなるような素晴らしい作品だった」と大絶賛。さらに、戦うゴジラが格闘家とリンクするとし、「セクシーさを感じた」と、佐野ならではの感想も。

 ゴジラに勝るとも劣らない肉食女子として招待されたLiLiCoは、主演のアーロン・テイラー=ジョンソンが『キック・アス』(2010)の頃に比べて超イケメンに変わったと大興奮。現在24歳で奥さんが23歳年上ということで、「希望が持てますね」とニヤリとするも、映像においては、ゴジラの全貌をなかなか見せない”チラ見せ“で期待をあおる感じがポイントが高いと、映画コメンテーターとしてのコメントも寄せた。

 日本が誇るキング・オブ・モンスター「ゴジラ」が、ハリウッドの超一流スタッフ・キャストによってリブートされ、すでに世界興収累計500億円を突破している本作。佐野同様、日本語吹き替え版キャストとして参加した波瑠は「すごく貴重な体験をさせていただいた」としみじみ。ただの戦うゴジラ映画ではなく、ゴジラの格好よさや、登場人物の絆が伝わると思うと述べたうえで、ゴジラ映画の真骨頂でもある迫力を体感するためにも「ぜひ映画館で見てください」とPRした

 白熱したゴジラ女子会は、佐野たちの熱弁によって全員が「観たい」と答え、最後は参加者全員と1/7スケールで再現した6.6mものゴジラオブジェとのフォトセッションで幕を閉じた。(取材・文:鶴見菜美子)

『GODZILLA ゴジラ』は7月25日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 7月
  4. 21日
  5. 佐野史郎「ゴジラにセクシーさを感じた」と意外な告白