シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ハリウッド版『GODZILLA』にモスラ、ラドン、キングギドラ登場!続編制作が正式決定!【コミコン2014】

ハリウッド版『GODZILLA』にモスラ、ラドン、キングギドラ登場!続編制作が正式決定!
ハリウッド版『GODZILLA』続編にあの怪獣たちが登場する! - (C) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC

 ハリウッドで製作された、日本を代表する特撮映画の最新作『GODZILLA ゴジラ』の続編制作が現地時間26日、米サンディエゴで開催中のポップカルチャーの祭典コミコン・インターナショナル(以下、コミコン)で正式に発表された。現地で上映された最新フッテージには、シリーズファンおなじみの、モスラ、ラドン、キングギドラとおぼしき怪獣の姿が映し出され、会場を埋め尽くした映画ファンから大歓声が上がった。

 この日、会場となったサンディエゴ・コンベンションセンター最大級の収容人数を誇るホールH(6,500人)では、同作を手掛ける米レジェンダリー・ピクチャーズのパネルが行われ、同社CEOのトーマス・タルが登壇。メガホンを取ったギャレス・エドワーズ監督の出席はかなわなかったが、コミコンファンに向けたビデオメッセージが紹介された。

 映像内でエドワーズ監督は、「映画を劇場に観に行ってくれて本当にありがとうございました」とファンに感謝。さらに「劇場公開は大成功で、皆さんのおかげでもう1 本ゴジラの映画が作れそうです!」と続編製作を正式にアナウンスした。さらに監督は、新たな怪獣が登場することも発表。口にした名前は「ピー」音でかき消されており、観客の期待をあおった。

 そして監督のメッセージが終わると、トーマスは「秘密組織モナーク(渡辺謙演じる芹沢博士が所属する組織)から極秘映像を入手している」と語り、コミコン会場限定の特別映像を公開。およそ90秒、全編モノクロのフッテージでは、何かしらの生物を使った実験や核爆発、ゴジラ、過去のニュース映像などが次々と展開し、ラスト30秒で、地上に映るラドンの影やモスラとキングギドラのシルエット、わずかな全体像が映し出された。各怪獣の名称が入った極秘資料のような特別映像の最後には、さらに英語で「まだ隠された秘密があった。まだほかにも存在するということが」という字幕が出現。明確にゴジラ以外の怪獣の存在が示された。

 この映像に観客のボルテージは最高潮に。トーマスも司会者の質問に応える形で「東宝のおかげでラドン、モスラ、キングギドラを使うことがきる」と語り、コミコンのファンにも感謝の思いを述べると、大盛況のうちにパネルは幕を閉じた。(編集部・入倉功一)

映画『GODZILLA ゴジラ』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 7月
  4. 27日
  5. ハリウッド版『GODZILLA』にモスラ、ラドン、キングギドラ登場!続編制作が正式決定!