シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

竹野内豊は「演技力とかいう基準では語れない!」井口奈己監督が魅力を絶賛

竹野内豊は「演技力とかいう基準では語れない!」井口奈己監督が魅力を絶賛
映画製作を数々の視点で振り返った井口奈己監督(右)と佐々木浩久

 10日、映画『ニシノユキヒコの恋と冒険』のBlu-ray&DVD発売決定を記念したトークショーがキネカ大森で行われ、メガホンをとった井口奈己監督とラインプロデューサーの佐々木浩久が出席。井口監督は主演を務めた俳優の竹野内豊について「映画俳優の能力、カメラの前に立つ能力がすばらしい」と絶賛した。

 映画製作のエピソードをいろいろな視点で振り返った井口監督。俳優たちの話になると「あんなに完璧な顔をした人を見たことがないと思うぐらいなのに、スター然とした神経質なところが全くない」と竹野内を評すると「竹野内さんのエピソードを語ると、けなしている風に聞こえてしまうことがありますが、演技力とかそういう基準では語れない良さがあるんです」と力説。

 その理由を「カメラが回っているのに、自由でいられる能力はまさに映画俳優。さらに(本田)翼ちゃんと接する時、中村(ゆりか)さん、尾野(真千子)さんと向き合う時の対応が違うんです。相手によって自然にビビットに反応するなんて本当に映画俳優だなぁって……」と説明した。

井口奈己監督
竹野内豊の魅力を語る井口奈己監督

 俳優たちの自然な表情が魅力の本作。井口監督は「わたしは特に何も言っていないんです。この作品に関しては、役に合った人を選ぶということに力をつかいました」と明かすと「セットにしてもロケにしても、その中で俳優さんたちがいかに魅力的に映るかということを気にしています」と演出方法を語っていた。

 そんな井口監督。これまでは映画『人のセックスを笑うな』や本作など、登場人物の機微をじっくりと描く作品が魅力だが「次は人食い人種の映画を作りたいと思っていて、いろいろプレゼンしているのですが、却下されちゃうんですよね」と語り、会場を笑いに包んでいた。

 本作は、芥川賞作家・川上弘美の短編集を、映画『人のセックスを笑うな』の井口奈己監督が映画化。稀代のモテ男ながら、必ず女性の方から別れを告げられてしまう男・ニシノユキヒコ(竹野内豊)が、真実の愛を求めながらさまよう姿を描く。(磯部正和)

『ニシノユキヒコの恋と冒険』Blu-ray&DVDは8月20日より発売、8月6日よりDVDレンタル開始


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 10日
  5. 竹野内豊は「演技力とかいう基準では語れない!」井口奈己監督が魅力を絶賛