シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジャスティン・ビーバー、飲酒運転の罪を回避

ジャスティン・ビーバー、飲酒運転の罪を回避
トラブル続きのジャスティン・ビーバー - Tony Barson / FilmMagic / Getty Images

 今年1月に米フロリダ州マイアミビーチでDUI(アルコールや薬物の影響下での運転)、運転免許証の期限切れ、公務執行妨害の三つの容疑で逮捕されたジャスティン・ビーバーが、司法取引を行ったとAccess Hollywoodなどが報じた。

 ジャスティンは、より軽い罪である無謀運転と公務執行妨害の罪を認める代わりに、DUIなどの罪では起訴されないことになった。

 罰として、怒りを抑えるためのカウンセリング、アンガーマネージメントを12時間受けなければならないほか、5万ドル(約500万円)をチャリティーに寄付すること、また規定の罰金を支払うことが言い渡されたという。ジャスティン自身は出廷しておらず、彼の弁護士によると、すでにマイアミの子供向けチャリティーに5万ドルを寄付しているらしい。(1ドル100円計算)

 先月、隣人への卵攻撃事件で執行猶予2年を言い渡されたジャスティンは、このときもアンガーマネージメントへの参加を命じられているほか、5日間の社会奉仕活動と被害者に8万900ドル(約809万円)を支払うよう言われている。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 14日
  5. ジャスティン・ビーバー、飲酒運転の罪を回避