シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ジブリ鈴木P、宮崎駿の後継者に庵野秀明を指名?

ジブリ鈴木P、宮崎駿の後継者に庵野秀明を指名?
宮崎駿の後継者はこの人しかいない!? - 鈴木敏夫プロデューサー、庵野秀明監督

 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが26日、都内で行われた第27回東京国際映画祭の開催概要発表後の囲み取材に庵野秀明監督と出席し、同映画祭で開催される特集上映「庵野秀明の世界」を発案した理由について、「宮崎駿が引退したあとは、庵野秀明だろうと」と後継者指名をにおわせた。

 庵野監督作品の大規模な特集上映が行われるのは今回が初めてで、ラインナップはこれまで手掛けてきたテレビアニメ・劇場公開作品、CM、PV、自主作品の中から約50作品を選出。アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズや「ふしぎの海のナディア」「超時空要塞マクロス」映画『風の谷のナウシカ』などが、全編または担当した箇所を一部抜粋する形で上映される。

 同映画祭が世界へ向けた日本アニメーションの発信に力を入れる中、特集上映に庵野監督を選んだ鈴木プロデューサーは「普通だったらコンペやその他があるけど、海外からいろいろな方がいらっしゃるので作家を取り上げて特集していくのはどうだろうかと。その第一弾として現役だったら宮崎だと思いましたけど、引退しましたから庵野しかいないと思いました」と経緯を説明。さらに、庵野監督を「歴史を作ってきた人」と評価した上で、「宮崎駿の引退した後、少なく見ても10年間は彼が日本のアニメをけん引していくと思います」と太鼓判を押した。

 庵野監督も、海外からの大きな注目が予想されることに「面白い作品を作って、それをより広くより多くの年代の方に観てもらえればありがたい」とコメント。今後ジブリ作品を手掛ける可能性についての質問も飛んだが、鈴木プロデューサーは「それはないんじゃないですかね」と否定した。

 また、庵野監督は自身の特集上映について「あまり自分の作品を観返さないので、今回10年ぶりに観直した作品もあります。結構面白いのを作っていたんだって再発見もありました」と自画自賛。学生時代に自主制作した貴重な作品もあり、「好きなものをやっていた時代で、自分の原点。(今も)根っこは変わっていないですね。この延長なんだなと思いました」と目を細めていた。発表会にはほかに、今年のフェスティバル・ナビゲーターを務める岡本あずさとハリー杉山も出席した。(中村好伸)

第27回東京国際映画祭は10月23日から31日まで開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 26日
  5. ジブリ鈴木P、宮崎駿の後継者に庵野秀明を指名?