シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

吉高由里子「花子とアン」終え涙…女優業への迷い断ち切る

吉高由里子「花子とアン」終え涙…女優業への迷い断ち切る
「花子とアン」クランクアップで涙を見せた吉高由里子

 女優の吉高由里子が主演を務めるNHK連続テレビ小説「花子とアン」がクランクアップを迎えた26日、最終シーンの撮影が行われた横浜・緑山スタジオにて取材会が開かれ、吉高をはじめ、共演の仲間由紀恵、鈴木亮平、黒木華、土屋太鳳らが出席した。吉高は「二度とできない朝ドラのヒロインが花子で良かった」と涙ぐみ、「現場でめぐり会えたみんなが(自分の)体のシミになればいいなと思うくらいいとおしい人たちでした」と喜びをかみしめた。

 「大切なことを話そうとすると泣きそうになる」と目を潤ませた吉高。女優を続けていこうか迷っていたころに本作と出会い、「この作品が最後の作品になってもいいやという思いでやっていた」と振り返った。しかし、素晴らしい作品と出演者と関わることで「(女優を)続けていこうと思った」と決意を新たにした様子。本作については「手放すのが名残惜しい。自分の中で大切に壊してしまいたいくらいいとおしい」と胸中を語った。

 感無量の思いは、ほかのキャストも同じ。仲間は、今さらながら共演者の名前を間違えるという天然ぶりを見せながらも、「吉高ちゃんがこの現場が好きと言ってくれてホッとした」と常に吉高を見守っていた先輩らしいコメント。鈴木も「こんなに現場に愛されている女優を知りません。明日から花子さんに会えないなんて……」と寂しさを募らせた。

 そんなしんみりした雰囲気でも、いつもの吉高節は健在。ラストカットの撮影中にも着々とクランクアップを祝う準備がされていたことに、「ベルトコンベアーに乗せられた荷物のような気分になりました。もう終わりですと送り出され、次の現場に送り込まれるよう」と涼やかな笑顔。さらに、撮影の舞台となった甲府での思い出を尋ねられると「甲府かぁ。皆さんが思っているより甲府に行っていないんですよ。びっしり、ここ(緑山スタジオ)で撮っていました」と裏話を披露して笑いを誘った。

 本作は、戦後の日本の若い女性の心をつかんだ小説「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子の波瀾(はらん)万丈の半生を描いた人間ドラマ。山梨の貧しい家に生まれ、震災や戦争を乗り越えながら翻訳家の道へ進んだヒロインのたくましい姿を、個性的に生きた女性たちとの友情と共に描き出す。(取材・文:鶴見菜美子)

テレビ小説「花子とアン」は9月27日までNHK総合ほかにて放送


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 26日
  5. 吉高由里子「花子とアン」終え涙…女優業への迷い断ち切る