シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

74歳アル・パチーノ、ムンムンの色気にイタリア女性が絶叫!【第71回ベネチア国際映画祭】

74歳アル・パチーノ、ムンムンの色気にイタリア女性が絶叫!
さすがの渋さ! - アル・パチーノ

 アル・パチーノが現地時間30日、第71回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に選出された映画『マングルホーン(原題) / Manglehorn』と特別上映作品『ザ・ハンブリング(原題) / The Humbling』の公式会見に登場し、映画祭を大いに盛り上げた。

 この2作品に共通しているのは、主人公が初老の抑うつ状態であること、そして愛が描かれていること。「抑うつ状態の初老の男性」と「愛」なんて到底結び付かないかもしれないが、アルが演じることでそれは成立してしまうことが上映後のスタンディングオベーションで証明された。地元イタリアの女性たちが「アイ・ラブ・ユー、アル!」と黄色い声で絶叫するほど、74歳となった今でも色気ムンムン。上映後の観客に感想を聞くと、若い女性客ですら「あれだけ渋いアルが相手だったら、おじいちゃんと同い年でも恋に落ちるわ」と絶賛していた。

アル・パチーノ
若い女性ファンからラブコールを受けるアル・パチーノ

 もちろん、外見だけが全てではない。『マングルホーン(原題)』の会見でも「そういえば、映画『ゴッドファーザーPART II』のマイケル・コルレオーネも後半はうつ状態だったと思うな」などとジョークを飛ばし、現在のハリウッドについて聞かれると「この間、下の子供たちを連れて『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を観に行ったんだけど、素晴らしい映画だったよ! 大きい小さいというのは関係ないし、映画は映画だよ。ハリウッドについて知っていることは、ロサンゼルスにあるってことだけさ」とおちゃめに答える。ウイットに富んだ受け答えもアルが愛される理由の一つといえるだろう。

 『マングルホーン(原題)』でアルの息子を演じたクリス・メッシーナもまた、アルの魅力に触れた一人だ。会見で「アルと共演して怖くなかった?」と聞かれると、「アルは素晴らしい人だからちっとも怖くはなかったよ」ときっぱり。「アルがマーロン・ブランドを尊敬しているのと同じように、僕にとってはアルがマーロンのような憧れの存在。演技をしていても、どれだけ役を掘り下げていけるかを常に話し合ってアドバイスをくれた。毎日が演技の勉強だった」と尊敬のまなざしを向けていた。

 この日のアルは、2度の公式会見後、レッドカーペットを歩き、『マングルホーン(原題)』の公式上映に出席するなど大忙し。だが炎天下のベネチアで、どんなにもみくちゃにされようとも決して疲れた様子を見せずに笑顔でファンサービスをしているアルの姿は、70歳を過ぎても衰えることのない、本物のスターの魅力にあふれていた。(編集部・森田真帆) 

第71回ベネチア国際映画祭は現地時間9月6日まで開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 1日
  5. 74歳アル・パチーノ、ムンムンの色気にイタリア女性が絶叫!