シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

マドンナ、新曲でレディー・ガガを「パクリ女」と痛烈批判

マドンナ、新曲でレディー・ガガを「パクリ女」と痛烈批判
レディー・ガガを痛烈批判したマドンナ

 歌手のマドンナが、新曲の歌詞の中でレディー・ガガのことを「パクリ女」と痛烈批判したようだ。The Sun紙などが報じた。

 ガガのヒット曲「ボーン・ディス・ウェイ」がマドンナの「エクスプレス・ユアセルフ」に酷似しているとして騒がれたこともあった二人。同紙によると、「トゥー・ステップス・ビハインド・ミー」と題されたマドンナの新曲の中には、「あなたはパクリ女。わたしの印税はどこ? あなたはかわいいし、そのかわいさはあなたにあげる。でも、わたしのレシピを盗むのはみっともないわ」「あなたはわたしを十分に研究したの? あなたは一生わたしにはなれないし、なりたい人でしかないの」とガガに向けられたと思われる歌詞が登場するという。

 また、マドンナは元夫で映画監督のガイ・リッチーについても、新曲「ハートブレイク・シティ」の中で批判しているとみられ、同曲には「あなたはわたしが女王だと言った。わたしは何でもあなたにささげようとしてきた。なのにあなたは自由が欲しいというのね」「あなたは富と名声を手にして、わたしはもう用なし。あなたはわたしをボロボロにした。あなたにそんな権利なんてないのに」という歌詞が出てくるという。

 この2つの新曲はマドンナ13枚目となるニューアルバムのためのものとみられるが、最終的にアルバムに収録されるかは定かではないとのこと。(編集部・中山雄一朗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 1日
  5. マドンナ、新曲でレディー・ガガを「パクリ女」と痛烈批判