シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は起源の物語!続編について監督が明かす

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は起源の物語!続編について監督が明かす
続編について口を開いたジェームズ・ガン監督 - (C) 2014 Marvel. All Rights Reserved.

 現在累計興行収入が全米ナンバーワンとなり今年最大のヒット作となった映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督が、制作中の続編について、「今作は『起源』を描いた作品だ。次回作ではさらにキャラクターを掘り下げていくよ」と明かした。

 本作の大ヒットについて「とてもうれしいよ! 長い年月心血注ぎ込んだ作品だからね!」とはしゃぐ監督。またマーベルは本当に自由に制作させてくれたと振り返り、「自分の解釈で脚本を作らせてもらえた。会話などのキャラクターのやり取りは、もう僕のものって感じだね。特に刑務所のシーンは僕の色がよく出ていると思う」とも述べた。

撮影中の監督
登場人物たちもカラフルです - (C) 2014 Marvel. All Rights Reserved.

 「1980年代以降ではなく、1950年代や1960年代にあったカラフルなSF映画を作りたかった」と語る監督は、ビジュアル作りに影響を与えた人物に、ジャック・カービーやジム・スターリンのほかにクリス・フォスの名前を挙げた。クリス・フォスとは1970年代から1980年代にかけて活躍した、SFをテーマにしたアートワークを手掛けてきたアーティスト。今回監督は宇宙船のデザインも彼に依頼したという。

 また劇中にはさまざまなサプライズ的な笑いを用意していると話し、「観客にとって何が起こるのか見当もつかない、また予想を裏切るような映画がいい映画だと思っているし、自分もそういう映画が好きだ。そう意味では意図的にコメディー要素をつぎ込んでいるよ」と説明。続けて「まず彼らは異星人なのに、人間よりも人間らしいということ自体も典型的ではないしね。『え、そう来る?』という展開を挟み込むことで新鮮な驚きを与えるということは心掛けているんだ」とも付け加えた。

場面写真
今度はどのキャラクターに迫る?映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』より - (C) 2014 Marvel. All Rights Reserved.

 制作中の続編については、「間違いなく忙しいね」とコメント。「唯一言えることとしては、今作は『起源』を描いた作品だ。変化を経験した人物もいれば、それほど変化していない人物もいる。彼らは周りの世界や仲間たち、そして自分についてまだ学ぶべきことがたくさんあるんだ」と前置きした上で、「続編ではそこをさらに掘り下げていくことになるだろうね」と続編の内容に触れた。また、今作で重要な役目を持つ、主人公ピーター・クイルのカセットテープが続編でも扱われるか問われると「そうだね、僕らはナンバー2(のテープ)も作らなくちゃ」と笑い交じりに答えていた。(編集部・井本早紀)

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は9月13日より2D / 3D全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 5日
  5. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は起源の物語!続編について監督が明かす