シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

武田梨奈、アイドル+美少女戦士の衣装にドギマギ「胸元がすごく…」

武田梨奈、アイドル+美少女戦士の衣装にドギマギ「胸元がすごく…」
美少女戦士にふんした加弥乃、武田梨奈、花井瑠美、清野菜名

 『DEATH NOTE デスノート』などで知られる金子修介監督の最新作『少女は異世界で戦った』の公開記念トークショーが12日、新宿バルト9で行われ、華麗なアクションで美少女戦士を演じ切った花井瑠美、武田梨奈、清野菜名、加弥乃の4人と金子監督が撮影を振り返った。またこの日は、1988年の公開以来、根強い人気を誇る金子監督の『1999年の夏休み』も上映され、同作主演の宮島依里も登壇した。

 「核も銃もない世界」と「核に汚染された世界」という2世界が存在する近未来の日本を舞台に、謎の侵入者たちとアイドルグループ=美少女戦士の壮絶なバトルを描く本作。

 映画『ヌイグルマーZ』ほか、空手を生かしたアクションでCMでも話題の武田は「アイドルと戦士、両方を演じるのが大変でした。自分はアイドルと正反対なので。でも昔、モーニング娘。に憧れていたことを思い出して楽しみました。今回の衣装を見たときは、胸元がすごく開いているので『これかあ?』と思いましたけれど」とにっこり。『TOKYO TRIBE』での本格アクションでも注目の清野も「なんでこんなに(スカートが)短いんだろうって思いました」と続けると、「あれは僕が絵を書いて全部デザインしたんだ」と金子監督。

 本作について金子監督は「アイドルが剣を持って人斬りもやる、そんな映画を作りたかった。そして忍者、富士山、温泉の入浴シーン、戦隊物の要素が詰まった映画をマジにやろうと。スタントはわずか2カットだけで、生傷や冬の寒さの中で彼女たちは本当に頑張った」と4人の体を張ったアクションをたたえた。

 この日上映された『1999年の夏休み』は、深津絵里(当時は水原里絵)のスクリーンデビュー作と知られ、登場する少年4人全てを男装の女優が演じ、声優が吹き替えをするという凝った作りで、いまだにファンが多い。主演で、現在声優として活躍している宮島は「26年前の自分をスクリーンで観るのは不思議な感覚ですが、金子監督の好みは一貫してますね。金子作品に出たければ、ショートヘアになれということ」と突っ込むと、金子監督も「最新作を観た評論家に、ショートカット、ソックスガーター、26年間、金子修介の変態性、作家性はブレてないと褒めていただいた。進歩がないのかな」とポツリ。「でも彼女たち4人が悲しそうな顔をしながら戦っている、その表情がすごくいい。男性にはたまらない“萌え”じゃないですか」と宮島は、『少女は異世界で戦った』の魅力を語っていた。(取材:岸田智)

映画『少女は異世界で戦った』は9月27日より新宿バルト9ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 13日
  5. 武田梨奈、アイドル+美少女戦士の衣装にドギマギ「胸元がすごく…」