シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

プール監視員をしてためた50万円で栃木で撮った映画、ロンドンで上映!

プール監視員をしてためた50万円で栃木で撮った映画、ロンドンで上映!
50万円で栃木で撮った映画がロンドンで上映! - プロデューサー・音楽監督の渡辺雄司と渡辺紘文監督 - Photo:Yukari Yamaguchi

 現地時間2日、ロンドンで行われた第22回レインダンス映画祭で『そして泥船はゆく』が上映され、渡辺紘文監督と、監督の弟で、プロデューサー、音楽監督を務める渡辺雄司、撮影のバン・ウヒョンが登壇した。前夜に同映画祭でイギリスプレミアを終え、2日がロンドン2度目の上映となった一行は、3日にはオランダの映画祭に出席。7日にもスコットランドの映画祭に登場予定だ。

 本作は、渡辺監督の地元である栃木県大田原市を舞台に、日々働くでもなく怠惰に過ごす中年にさしかかった主人公・隆志のもとに、妹を名乗る少女が訪ねてくることから展開する物語。監督は「プールの監視員として働いてためた50万円位の予算で作った映画です」と打ち明ける。「ここにいる3人ともう1人の、全部で4人のスタッフで作りました。友達と家族の協力の下に作った、ある意味では手作りの作品です」という超低予算映画だ。

 隆志と二人暮しの祖母を演じる平山ミサオは、渡辺監督の実の祖母。映画の前半で描かれる二人の日常がとてもチャーミングだ。隆志と少女との会話に時折、口を挟む祖母がそこはかとなくおかしくもある。渡辺監督は「この映画におばあちゃんが出たときは96歳でした。今は97歳で次の映画に出たがっています」と会場の笑いを誘い、「シナリオの段階では眠っているだけの設定でした。それなのに実際に役者さんが芝居を始めると、自分の目の前で行われている会話に参加していってしまう。それが非常に面白かったので採用しました」と会話シーンはおばあちゃんのアドリブだったことを明かした。

 渋川清彦が演じる隆志の憎めないダメ男ぶりに、おばあちゃんの天然の魅力で見せる前半から、ストーリーは急展開、意外な結末を迎える。前半がスムーズなだけに、後半のドタバタは評価が分かれるところだ。「スタイル、リズムがある映画だったのに、最後の部分がまるで別の映画のように変わってしまうのは、モンティ・パイソンのようなことを狙ったのか?」という質問も出た。「モンティ・パイソンは大好きで、影響を受けてああいう表現になったところもありますが、モンティ・パイソンに比べたら、まだまだ自分はひよっこです」と謙虚な渡辺監督だった。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 10月
  4. 6日
  5. プール監視員をしてためた50万円で栃木で撮った映画、ロンドンで上映!