シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

安藤サクラ、姉・桃子の言葉に涙…父娘三人で舞台あいさつ

安藤サクラ、姉・桃子の言葉に涙…父娘三人で舞台あいさつ
姉の言葉に緊張の糸が切れたのか、思わず涙を見せた安藤サクラ

 女優の安藤サクラが8日、有楽町スバル座で行われた映画『0.5ミリ』初日舞台あいさつに出席。姉で監督の安藤桃子の言葉に感極まり、涙を見せる一幕があった。この日は共演の津川雅彦も来場した。

 この日の司会は、安藤姉妹の父であり、本作のエグゼクティブプロデューサーを務めた俳優の奥田瑛二が担当。「わたくし、司会進行は初めてでございます。そういう意味では今日はドキドキワクワクで、ひざがガクガクです。こうやって独り言を言っていると、司会なのか、父親なのかわからなくなってきますが……」とボヤくものの、登壇した安藤監督に、「ご結婚、妊娠というおめでたいニュースが出ましたね」と呼び掛け、「お父さまにもよろしくお願いします」と付け加えるなど、軽妙な司会ぶりを発揮し、会場は笑いに包まれた。

002
安藤桃子監督、安藤サクラ、津川雅彦

 舞台あいさつでサクラは、「この作品にたどりつくまでの道が長かったので、姉妹でこの作品を作ったと言っても過言ではないというのが本心です。はじまりはサクラが(母の)おなかにいたときから。二人の間で培ってきたものが1本の作品に凝縮されたんじゃないかなと思います」とあいさつする安藤監督の言葉に思わず涙。奥田も司会者として「万感の思いで胸にこみ上げるものがあるようです」と娘をいたわっていた。

 そして「舞台あいさつのときに俳優さんが泣いているのを見て、何でだろうと思っていて。わたしは絶対にそういうのは嫌だなと思っていたけど。ずっとこの日のことを考えていたから、緊張の糸がプチッと切れちゃって」というサクラに会場からは万雷の拍手。その様子を笑顔で見守っていた津川は「一人は結婚・妊娠、もう一人は舞台あいさつで緊張のあまりに泣く。青春がここに花咲いているんですね」としみじみ。さらに「この映画にはこれまでになかった、サクラのいい味が出ている」と付け加えた。

 それを受けたサクラは「いつもは添加物が入っていたり、刺激的な味だったりするけれども、この映画は小さい頃からわたしを顕微鏡で見るくらいに見てきた姉が操っているので、無添加のハーブみたいな感じの味を出してもらえた」としみじみ。そして最後に「今日、泣いたのは内緒にしてください。泣いてないですよー!」と付け加えて会場を笑わせた。(取材・文:壬生智裕)

映画『0.5ミリ』は有楽町スバル座ほか全国順次公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 8日
  5. 安藤サクラ、姉・桃子の言葉に涙…父娘三人で舞台あいさつ