シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

川越シェフ、声の仕事に意欲! 「料理人と声優は似ている部分がある」

川越シェフ、声の仕事に意欲! 「料理人と声優は似ている部分がある」
「ごはんかいじゅうパップ」のファンイベントに出席した(左から)中村遼、坂本嘉種、武笠太郎、川越達也、白石晴香、塚本直毅、溜口佑太朗

 16日、川越達也シェフが、ユナイテッドシネマ豊洲で行われたアニメシリーズ「ごはんかいじゅうパップ」のファンイベントに出席した。“川越シェフ”として本作に登場した川越は「声の仕事には昔から興味があったんです」と声優へ意欲を見せた。本イベントには、声優の白石晴香、お笑いコンビ・ラブレターズ(塚本直毅・溜口佑太朗)、クリエイターのザリガニワークス(武笠太郎・坂本嘉種)、音楽を担当した中村遼も参加した。

 「ごはんかいじゅうパップ」は、ごはんのかいじゅう“パップ”と、さまざまなおかずかいじゅうたちとの戦いを歌で描いた1話約30秒のアニメシリーズ。今回のイベントでは、なんと20分のストーリーアニメ作品としてファンに披露された。

川越達也
「ナレーションなどの仕事をしてみたかったんです」と声の仕事への意欲を見せた川越達也

 劇中、川越シェフ役として登場した川越は「田舎育ちで、きれいな標準語をうまく話せなくて、何度も撮り直していただきましたが、声でいろいろなことを表現するのは、素敵な作業だなって思いました」と満足げ。さらに「料理人と声の仕事は似ている部分があると思います」と語ると「レストランのメインは料理、アニメなどもキャラクターがまずあって、料理人や声優さんはそれを魅力的に表現する役割。共通点が多いのかなと思います」と理由を説明した。

 一歩下がって職人的な仕事が自分にあっているという川越だが、本イベントなど、メディアに露出することも多い。「本当はすごく恥ずかしがりやなので、人前に出るのは苦手なんですよね」と語ると「自分は経営者でもあるので、こういう活動も必要なのかなって、スイッチを入れている部分もあるんです」と胸の内を明かした。

 そんな川越だが「きれいな標準語を話すのが苦手なんですよ」と謙遜しつつも、昔から「ドキュメンタリーのナレーションなどの仕事をしてみたかったんです」と声の仕事に意欲を見せる。本イベントで上映された「こはんかいじゅうパップ おいC~海外旅行へん」は、今のところ本日のみの限定上映ということだが「定期的に作品に協力できたらいいですね」と次回作へのアピールも忘れていなかった。(磯部正和)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 16日
  5. 川越シェフ、声の仕事に意欲! 「料理人と声優は似ている部分がある」