シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

三池崇史、一切の妥協ナシ!福士蒼汰と臨んだ人気コミック実写化!

三池崇史、一切の妥協ナシ!福士蒼汰と臨んだ人気コミック実写化!
『神さまの言うとおり』実写化に挑んだ三池崇史監督

 命を懸けた理不尽なゲームに巻き込まれる高校生たちの姿を描くサバイバルサスペンス『神さまの言うとおり』のメガホンを取った三池崇史監督が、コミック実写化に対する妥協なき思いと、主演を務めた俳優・福士蒼汰の魅力を語った。

 原作は週刊少年マガジン連載の人気漫画。突如として巻き込まれた不条理なゲームに立ち向かう高校生たちの命が次々に奪われていくさまを、映画でも一切手を抜くことなく克明に描いている。

 高校生が鑑賞できるR15+指定を得るためには、最初から表現を抑える方法もあったはずだ。しかし監督は「工夫せず(表現を)丸くするのは、原作者も原作ファンも、単なる妥協というか、改変、過悪した感じしかしないでしょう。そこが楽しいのに、みたいなね。それは、すごく大事なところだと思うんです」と語る。

 そんな残酷な世界で奮闘する主人公・瞬を演じたのが福士蒼汰。監督は「すごく良いヤツですよ。(主演として)一人でいろいろ考えることが多かったと思うんですけど、それを人に押し付けたりアピールしたりしない。だから一緒にいてすごく楽でした」とその魅力を分析。本作では、人生に退屈しているどこか無気力な主人公像を演じきっており、監督も「こちらがこうしたいと言ったら瞬間的に理解するし、それを過度に表現しない。誤解を恐れずに言えば力を入れない。何か軽やかな感じなんですよね」と称賛する。

 福士の姿勢は、共演者の魅力を引き出し、原作に近づける手助けにもなったようだ。本作では、神木隆之介が瞬のライバル・天谷を演じているが、一見すると原作のキャラとはかけ離れて見える。しかし「福士蒼汰でなければ神木隆之介のあの役はない」と言う監督は、「普通あの役なら、もうちょっとヤンチャで筋肉あってというふうになるけど、福士の敵はそこではないなと。そうしたら、お互いに引き合うというのかな。結果として原作とそう違ってないように見える。それは福士の力です。ほかの役者も僕らが選んでいるのだけど、本当にキャスティングしたのは福士なんですよね」と笑みを浮かべた。(編集部・入倉功一)

映画『神さまの言うとおり』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「神様の言うとおり」 from 元テレビっ子の芸能&スポーツ情報 (2014年11月20日 20時50分)
    突然、ダルマさんが転んだが始まって、動いたら破裂していく高校生。 その後には、巨大な招き猫、コケシ、シロクマ、マトリョーシカがゲーム を仕掛けて来るというホラーのような、ブラックユーモアのような映画が 11月15日から公開されています。 監督は現在の日本映画界でもっとも多くの作品を作っている三池崇史。 キャストは若手の有望株の福士蒼汰、神木隆之介、染谷将太等などという ことで、ヒットする要件は揃っていると思いますが、生徒たちの頭が次々 に破裂するというのはどうでしょうか…みたいな感覚はあります。 三 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 16日
  5. 三池崇史、一切の妥協ナシ!福士蒼汰と臨んだ人気コミック実写化!