シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

鈴木敏夫P「ジブリは続く」多忙な1年過ごし

鈴木敏夫P「ジブリは続く」多忙な1年過ごし
多忙だった1年を振り返った鈴木敏夫プロデューサー

 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが、今年最も輝いた男性を表彰する「GQ MEN OF THE YEAR 2014」を受賞し、20日、都内で行われた受賞式に出席。2014年を振り返り「去年、宮崎(駿)さんが引退して、やっと暇になるのかなと願っていたけど、実際はとても忙しくて。ああ、ジブリは続くんだなと思った1年でした」と語った。

 イベント中、「今年を漢字一字で表すとしたら?」と質問された鈴木プロデューサーは「続」という漢字をあげ「ああ、ジブリは続くんだなと思った1年でした。僕にとっては『続』という漢字が一番相応しい」とコメント。

 さらに「去年から今年の1年で、3本の映画をジブリでやるというのは、僕にとっても初めての体験。カナダ、アメリカ、フランスにも出かけたし、あっという間の1年でした。来年は何もやりたくない。でも、全て成り行きでいままでやってきたし、これからもそうなんだと思う」と独特の言い回しで来年への意欲を明かした鈴木プロデューサー。「鈴木さんから見た宮崎駿監督はどんな男?」という質問に、「小学生みたいな人。やんちゃ坊主です」と答えて会場を沸かせていた。

 「GQ MEN OF THE YEAR 2014」は、ライフスタイル誌「GQ JAPAN」が各分野で目覚しい活躍を見せた男性を表彰するもので、今年で9回目。鈴木は「メガヒットを生み出した功績と、今年、第64回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した栄誉」が受賞理由となった。今年は、鈴木のほか、小栗旬、坂上忍、唐沢寿明、劇団ひとり、園子温、ウルフルズ、布袋寅泰が選出された。(取材/岸田智)

「GQ MEN OF THE YEAR 2014」受賞者インタビューが掲載された「GQ JAPAN」1月号は11月22日発売


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 20日
  5. 鈴木敏夫P「ジブリは続く」多忙な1年過ごし