シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

岡田将生、藤原竜也の自宅にびっくり「部屋何個あるんだろう…」

岡田将生、藤原竜也の自宅にびっくり「部屋何個あるんだろう…」
藤原竜也と岡田将生

 俳優の藤原竜也と岡田将生が9日、『映画 ST 赤と白の捜査ファイル』の完成披露試写会に共演の志田未来、芦名星、窪田正孝、三宅弘城、佐藤東弥監督と出席。昨年4月放送のスペシャルドラマから、今年7月期の連続ドラマ、来年公開の劇場版まで長く続いた本シリーズの撮影を振り返り、それぞれに思い出話を披露した。

 本作は今野敏の小説「ST 警視庁科学特捜班」シリーズを基にしたテレビドラマの劇場版。警視庁科学特捜班の個性的な面々が、殺人容疑で逃亡するリーダーを追跡し、事件の思わぬ真実を暴く姿を描く。

 岡田は撮影中一番の思い出を聞かれると、「初めて連続ドラマの1話が出来上がったときに共演者の(田中)哲司さんと竜也さんのおうちで(1話を)観たことかな。なかなかこんな経験ないなって」と述懐。「その後、1話の話をみんなでしようと思ったら、大人3人で『桃鉄』(ゲーム:桃太郎電鉄)をやりたいと言い始めて、感想も何も言い合わずに『桃鉄』をずっとやっていました。最高の思い出です」としみじみ。藤原も「そうそううちに来ないのに『桃鉄』で100年の設定で遊んだ。100年やり切るのは何日もかかるけど、結局5年くらいで終わってしまって」と岡田の話ににっこり。

 岡田は続けて藤原の家の様子についても「そりゃ立派でした」と感想を述べ、「やっぱすごいっすよ。先輩の家は。部屋何個あるんだろうって思いました」と紹介。会場を一瞬どよめかせたが、藤原の方は「100年通いたくなった?」と冷静。余裕の表情で岡田の話に相づちを打っていた。

 思い出については志田も「夜の撮影の空き時間に怖い話になって、その日怖くて星さんの部屋に泊めてもらった」と紹介。芦名も「一緒に寝ました。小動物みたいでした」とうれしそうに志田との夜を振り返るなど、出演陣の仲のよさをうかがわせる舞台あいさつとなった。(取材・文:名鹿祥史)

『映画 ST 赤と白の捜査ファイル』は2015年1月10日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 12月
  4. 9日
  5. 岡田将生、藤原竜也の自宅にびっくり「部屋何個あるんだろう…」