シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

エル・ファニング、『ドライヴ』監督新作ホラーで主演か?

エル・ファニング、『ドライヴ』監督新作ホラーで主演か?
レフン監督とのコラボが期待されるエル・ファニング - Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

 映画『マレフィセント』や『幸せへのキセキ』のエル・ファニングが、2011年にカンヌ国際映画祭監督賞に輝いた映画『ドライヴ』や『オンリー・ゴッド』などで知られるデンマーク出身の監督、ニコラス・ウィンディング・レフンの新作ホラー映画『ザ・ネオン・デーモン(原題) / The Neon Demon』に出演する可能性があるとThe Wrapが報じた。

 ファニングにオファーされているのは、主役の前途有望なモデル役で、美と崩壊の世界で方向を見失っていくという設定だ。レフン監督は、「エル・ファニングは、最高にクールなワンダーウーマンだ。新作で、彼女と一緒にわくわくするような経験ができるのが心待ちだ」とコメントしている。ファニングへの出演交渉は、現在進行中だ。

 ファニングは、赤狩りに反対したハリウッドの監督で脚本家ダルトン・トランボを描く映画『トランボ(原題) / Trumbo』の撮影が終わったばかりで、2015年公開予定、また、ナオミ・ワッツと共演のインディー映画『スリー・ジェネレーションズ(原題) / Three Generations』も現在ポストプロダクション中で、今年公開を控えている。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 1月
  4. 8日
  5. エル・ファニング、『ドライヴ』監督新作ホラーで主演か?