シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

大竹しのぶ、RADWIMPS野田の母親役「幸せでした」

大竹しのぶ、RADWIMPS野田の母親役「幸せでした」
RADファンの大竹しのぶと宮沢りえ

 女優の大竹しのぶと宮沢りえが、人気ロックバンドRADWIMPSのボーカル・野田洋次郎が俳優初挑戦にして初主演を務める映画『トイレのピエタ』(6月6日公開)で、映画初共演することが明らかになった。二人はもともとRADWIMPSの大ファンで出演を快諾したといい、野田ふんする主人公・宏の母親を演じる大竹は「洋次郎さんの芝居は本当に自然で美しかった。一緒の画面にいられて幸せでした」と喜びを語った。

 本作は、性同一性障害の現代アーティストを追ったドキュメンタリー映画『ピュ~ぴる』で国内外から高く評価された松永大司監督が、手塚治虫が死ぬ直前までつづっていた病床日記にインスパイアされ、完全オリジナルストーリーで脚本化、長編劇映画初監督を務めた作品。余命3か月を告げられた主人公・宏(野田)が、純粋な女子高生・真衣(杉咲花)と出会い、翻弄(ほんろう)されながらも次第に惹(ひ)かれていくさまを描く。

 RADWIMPSの大ファンでライブを観に行ったのをきっかけに、今では野田と友達になってしまったという大竹は、「洋次郎さんが映画を演るということを前から聞いていたので、絶対何でもいいから出るねと約束してしまいました。実際、ロケ先のメイクルームで逢ったのが不思議でした。これから二人で親子になるなんて……!」と撮影時の心境を告白。宮沢には大竹がRADWIMPSをおすすめしていたようで、「大河ドラマで共演したのがきっかけで仲良くなったりえちゃんにその時一緒だった水川あさみちゃんと私でラッドの素晴らしさを伝えていたのがきっかけで聴くようになったようで嬉しいです」と明かしている。

 一方、宏(野田)に懐く入院中の少年の母親を演じる宮沢は、「心を揺さぶられる大好きなアーティストの野田さんと、作品を通して物作りをすることにとても興味があったから出演させて頂きました」とオファーを快諾した理由を説明。「野田さんとの共演は、余計なものを付着させず、とてもシンプルにその役を生きるということに徹していることに感動しました」と撮影を振り返った。

 二人の出演に甘木モリオ・小川真司プロデューサーは「宮沢さんや大竹さんが参加してくれたことで本作のクオリティーが一気に高まったし、お二方が野田さんから引き出したモノはとてつもなく大きいと思っています。深謝」とコメントしている。(編集部・中山雄一朗)

映画『トイレのピエタ』は6月6日より新宿ピカデリーほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 2月
  4. 6日
  5. 大竹しのぶ、RADWIMPS野田の母親役「幸せでした」